名医が教える腸でダイエット!ダイエットに欠かせない必殺の1品

腸ダイエット

初診4年待ちの医師が教える、この時期ダイエットに欠かせない必殺の一品とは!

食べるだけでダイエットできる一品があったら知りたくないですか?

しかも腸がきれいになって、みるみる痩せていく優れた食べ物なんです。

そんな食べ物がなんなのか名医が教えてくれるので参考にしてみては!

ではどうぞ!!

≪内村≫初診4年待ちということです。
≪伊集院≫すごいね。
≪南原≫あの前回来てもらったときに偉いみんな質問しまくりましたから。4年待ちだから。
≪伊集院≫4年の間に太っちゃいますから僕なんかね。
≪内村≫いろいろ変化起こしますからね。
≪伊集院≫起こしますから。
≪内村≫皆さんあんまり質問はやめてくださいよ!
≪南原≫なんでいいじゃないですか。聞いてみたいよね。

寒いこの季節「いつもより太りやすい。」なんて感じたことはありませんか?

そこに意外な原因があることがわかったのです。それは…
なぜなら、腸は寒さに弱く、少し冷えただけで活動がグンと低下。
特に大腸の働きが鈍り、便が溜まりやすいのです。その結果、見た目もこんなふうに…!
それだけではありません。腸に溜まった老廃物が再び血液中に取り込まれ、全身を巡ってしまう。

そのため細胞の働きが低下し、脂肪を燃やす力が大幅にダウン!運動してもなかなか痩せず、
脂肪をどんどん溜め込みやすい体になっているんです。
冬、太りやすくなっているのは…腸にも大きな理由があったのです。
そこで。この時期、ダイエットに欠かせない必殺の一品を紹介。
教えてくださるのは、今話題のベストセラー、
『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』の著者で初診は4年待ちという超名医。
順天堂大学、医学部教授、小林弘幸先生。

≪先生≫これさえ知れば皆さんの腸も劇的にキレイになります。

この後、先生自ら必殺の一品をスタジオで大公開!

≪内村≫かかっていた音楽でもお分かりのように、医学会の福山雅治という。
≪眞鍋≫おぉ~。かっこいいねぇ!

≪アナウンサー≫よろしくお願いいたします。
まずお伺いしたいのはVTRにもありましたけど、冬は寒くて太りやすいのはなんと
腸が大きく関わっているという事で、どういう事なんでしょうか?

≪先生≫そうですね。たぶん皆さんも感覚でわかると思うんですけども
冬のこんな寒い時は何となくきゅっと締まるようなねそういうことが
やっぱり腸にも起きててなかなか動きがですねこうスムーズにいかないんですね。
で本来ならば、皆さんが食べたものはちゃんと細胞に入って行くんですけれども、
環境の悪い血液とかそういうものってのは細胞に行ってくれないんですね。
それが全部皮下脂肪とか内臓脂肪に行ってしまう。
だからそんなに食べてないのにぶくぶく太っていったりですね、
いっぱい食べてても全然太らないって人の差はそこにあるんです。

≪アナウンサー≫ということはこの時期に何を食べるかっていうのが非常に大事になってくると思うんですが。
≪先生≫そうですね。やはり食べ物っていうものは物凄く重要で、それが一番といっても過言ではないと思うんですね。

では先生お勧めの腸を元気にして、ダイエット効果を高める食べ物、皆さんお分かりですか?

≪あき≫知りたい知りたい!
≪アナウンサー≫一つ目はこちらです。
≪あき≫あっ!ヨーグルト!
≪伊集院≫その「しかし」めちゃめちゃ気になる。
≪先生≫結局皆さんヨーグルトというのは、なんとなく腸にいいとか体に良いという認識はあると思うんですよ。
ただそこがちょっとやっぱこの「しかし」になってしまうんですね。
≪眞鍋≫なになに、砂糖を入れ過ぎちゃだめとか?
≪伊集院≫立って食べときゃいいんだろうぐらいの。ヨーグルトはめちゃめちゃ腸にいいから。
≪あき≫ヨーグルトは毎日食べてるんですけど。
≪先生≫ただ食べるだけじゃだめなんです。今日のポイントはここにすべて集約されます。

では、一体どうすればいいのか。ヨーグルトとの正しい付き合い方を教えていただきます。
驚きの事実とは?

≪内村≫なんか…いっぱい来ましたよ。
≪伊集院≫銘柄でなんかあるの?

≪アナウンサー≫ではこちらに例のもの用意いたしましたけれども、先生、こちらは?
≪先生≫こちらはですね、全部ヨーグルト。ただこれだけあっても
実はみなさんにどのヨーグルトが合うのかっていうのはわからないんですよ。
そこがポイントなんです。

≪あき≫あっ!「R-1」!
≪内村≫えっ?どうした?
≪あき≫これいいなと思ったんですけど。
≪先生≫これ飲まれたことあるんですか?
≪あき≫はい。今ずっと飲んでます。はい。
≪先生≫あぁそうですか。ちなみにですね。私はこちらなんですよ。
で、別に私が良いからじゃあ皆さんに良いっていうのではないんですね。
≪伊集院≫えっじゃあ個人差があるんですか?
≪内村≫直接見ていきましょう。

≪アナウンサー≫はい。理由をこちらにまとめました。ご覧ください。
こちらはヨーグルトに含まれる菌を挙げたものなんです。
≪眞鍋≫えぇ、こんなにあるの?
≪先生≫まぁいっぱいあるんです。ですからこの中でどの菌が皆さんに合うかっていうのは、
皆さんのお腹の中っていうのは個人差が全員違うんですね。
生活環境も違うし食べているものも違うし、生まれてから育ってくるまでの環境、食生活、
そういうもので皆さん違うんです。

腸の中で存在する菌は、実は一人一人微妙に違っています。
なので数十種類ある菌の中で、自分に合った菌を取り入れなければあまり意味がないのです。

≪南原≫ただ「合う」「合わない」は「おいしい」「おいしくない」それでしか我々は判断が今のところないんですけど。
≪内村≫それの探し方ってあるんですか?
≪先生≫あります。実はですね、大体普通こういう食べてとるものっていうのは48時間経つと外へ出るんですよ。
ですから継続して食べないといけない。だからポイントの一つは大体100g、まぁ一つですね。
1日1個を目安にして大体2週間から1ヵ月食べてみます。大体でもね、2週間でわかります。
何がわかるかというと、今までたとえば排便がスムーズじゃなかったりとか
たとえば便がコロコロしてたりするのが、よくバナナ状と言うんですけど、そういうものになってきたりとか
すごい疲れにくくなるとか、それから睡眠が良くなるとか、ちょっと肌が今までカサカサしてたのが
なんとなく潤って来たとか。こういうのが出てくるという現象が出てくるんですね。

≪眞鍋≫1種類決めたら2週間はやったほうが良いってことですか。
≪先生≫やったほうがいいです。それは。
≪眞鍋≫スーパー行くと一番安いの買っちゃったり、バラバラになっちゃうんだけど。
≪伊集院≫その日の特売か新製品に行っちゃうんだよねぇ。

≪先生≫ただ一つ注意点は、よくヨーグルトを食べたときにお腹が急に張り出したりする方がいるんですね。
でそれはやっぱり腸の環境が変わったからお腹が張ったり変わってくるんですね。
だからそこでこれはなんかおかしいと言ってやめちゃうのがダメ。
普通だったら3~4日でその症状は治ります。
だから3~4日はそれで我慢してそれでもまだ続くようだったら
「これは合わないな。じゃあ他のヨーグルトを食べてみよう」と、そういうことが重要だと思います。
≪伊集院≫もうなんか自分に合うヨーグルト探し楽しそうですね。
≪先生≫そうですね。

いかがでしたか!?

ヨーグルトにはいろんな菌があって腸にいいということがわかったと思います。

しかし、その菌もすぐに排出されてしまうので毎日取り続けることが大切です。だから毎日の朝食にでもヨーグルトを取り入れてみてはいかがでしょうか!

きっと腸がきれいになって、お肌の調子やダイエットの効果がでてくるかもしれないですね!