七夕祭りで東京のおすすめスポットはどこ!?

七夕祭り 東京 おすすめ

東京の七夕祭りで厳選おすすめスポットをご紹介!

夏になるといろんなイベントがあちこちで行われます。
7月7日といったら七夕祭りです。
そして、東京と言ったら日本の首都、大都市です。

この2つが合わさって、どんなイベントがあるのでしょう。
まずは東京でお薦めの七夕イベントスポットをピックアップしてみました。

とにかく、七夕祭りといったらメインはやはり夜になるでしょう。
何故なら、七夕は一年に一度、織姫と彦星が出会うと言われているからです。
ちなみに織姫と彦星は星です。

織姫はこと座ヴェガの別名です。

彦星はわし座のアルタイルの別名です。

だから、当然夜が中心になるわけです。
ちなみに七夕祭りは全国ネットでのイベントです。
そこでまず、東京の七夕祭りでお薦めのスポットを挙げてみましょう。

浅草にスカイツリーに近く、七夕祭りをやっているのがかっぱ橋本通りです。
なんでも、お祭り期間中、パレードが見ものなんです。

内容は音楽隊による演奏に越中おわら節などを鑑賞することができます。
それと路上パフォーマンスや模擬店など楽しめるイベントは盛りだくさんです。

ちなみに開催期間は7月上旬です。
商店街の各所に笹竹を用意してあるので願いを短冊にして結ぶのも楽しそうです。
なんでも、ゆるキャラかっぱのあいかちゃんにも会えるみたいです。
ゆるキャラかっぱのあいかちゃん

次は東京のお伊勢さんと呼ばれている東京大神宮でも七夕祭りがあります。
女性用では織姫短冊、男性用は彦星短冊となります。
300円かかりますが、短冊に願い事を託すことができます。

日が暮れると笹竹がライトアップされます。
人々の願いが短冊に飾られ、照らされた風景はとてもロマンチックです。

それに恋愛成就で有名な東京大神宮、短冊に願い託せば恋もうまくいくような気もします。
さらに2000円の初穂料で七夕祈願祭に参列することもできます。
その際、お神酒や七夕にちなんだお菓子などをもらえます。

この時、注意するのは祈願祭は100名単位で行うことです。
なので、時間が遅れるとかなり待たなくてはいけません。

ちなみに昨年は受付開始一時間前から行列ができていたようです。
そこで、御祈祷を受けたいなら早めに行って待つしかないかもしれません。

ただ、暑いさなか、並んで待つのもなかなか大変です。
そこで事前に並ぶ時の対策などを準備しておくべきです。

大きなハリボテが毎年、話題になっているのが阿佐谷七夕祭りでしょう。

ちなみにこの阿佐谷七夕祭りは街の活性化を期待して行われています。
つまり、商店主たちが工夫をこらして作ったハリボテが飾っているからです。
ハリボテは子供たちに人気のキャラクターあり、今話題の人ありで毎年、どんなハリボテがあるか楽しみです。

だけど、楽しみなのはハリボテだけではありません。
バリ舞踊や寄席、フリマ、ライブなどのイベントもあるので退屈しません。
とにかく、商店街の人の気合がひしひしと伝わってきます。

行って商店街の皆さんの元気を分けてもらいましょう。

100以上の屋台が出るのもポイントが高いです。

屋台といったら思い浮かべるのはB級グルメでしょう。
つまり、B級グルメを堪能できる楽しみも存在するというわけです。

最後に東京の祭りといっても、ちょっとレトロな感じのあるところが沢山あります。

それに下町がまだ元気だということが嬉しくなります。

七夕は大人も子供も楽しめるイベントです。
とにかく、商店街のあちこちにあるハリボテを見物したり、屋台を見て回ったり、パレードを眺めたりと楽しいことが沢山あります。
確かに夏は夜も暑いです。

むんむんする熱気があっても、夜、家族と出歩くのはとても楽しいです。
それにたまには星空を見上げてみるというのも気分転換になります。

それに夏の暑さを吹き飛ばすためにも七夕祭りに参加してみるのもいいと思います。