胃にやさしい消化のいい食べ物10選!!消化のいい食べ物とは!?

胃に優しい食べ物
夏になるとよくお腹を壊す人が増えますよね!

もしもお腹を壊したら、必要なのが消化のいい食事でしょう。
とにかく、消化のいい食事をするためには胃にやさしい食べ物を知る必要がありますね。
つまり、しっかり食べて消化がしやすいとそれだけ胃にやさしい食べ物と言えるでしょう。

胃に優しい消化いい食べ物には条件とは!?

柔らかく、温かく刺激が少ないなど挙げたら沢山あります。

うどん

まずは一番に挙げるのかうどんではないでしょうか。
麺類はのど越しがよく案外、食べやすいモノが多いです。
たかがうどんといっても地区によっていろんなうどんがあります。

それに地区によっては毎日うどんを食べている人も大勢います。

さらにうどんといえば太さによって呼び方も違ってきます。
素麺や冷や麦、きしめんなどどれも、胃に優しい料理です。
それに材料が違いますが蕎麦もうどんと同じジャンルに入るでしょう。

おかゆ

次はやはりお米です。
おかゆは胃が弱っている時に食べる食事の定番です。

それにおかゆは離乳食としても最適です。
ちなみにおかゆは消化が良すぎてすぐ、お腹がすいてしまうかもしれません。

大根

野菜の中でも消化がいいのは大根でしょう。
よく煮込んだ大根は舌の上でとろけるみたいです。
さらにすりおろしても美味しく食べられます。

つまり、生でも十分消化しやすく食べれます。
しかも、おろした大根はうどんとても相性がいいです。
おろしうどんにすれば、消化のいい食品が効率よく摂取することができます。

キャベツ

さらにキャベツも消化のいい野菜に含まれています。
キャベツといえば、思いうかべるのはトンカツなど添えられている千切りキャベツでしょう。

だけど、キャベツは煮込むことで非常に消化のいい食品になります。
しかも、キャベツに含まれているのがビタミンUです。
このビタミンUは胃腸薬にも使われている程、優秀な栄養素でもあります。

その成分は胃腸の粘膜を保護してくれます。
だから、胃に優しい食材だと言えるでしょう。

長いも

他にも自然薯などの長いもは消化にいいと言われています。
すりおろしてご飯にかけたりすれば消化のいい食品が同時に取れます。

さらにすりおろすただけでなく、切り方だけでも味に違いがあります。
実際、旬が10月なので夏場には手に入りにくいと思います。
しかし、最近では栽培も各地で行われるようになりました。

しかも、掘り出された芋は貯蔵性もあります。
なので、適温下では約半年間保存もできるので季節関係なく、スーパーで販売されています。

リンゴ

胃が弱っている時、よくのすりおろしを食べたことがあるひともおおいのではないでしょうか。
とにかく、風邪などで食欲がなくてもすりおろしリンゴは食べることができます。

さて、イギリスのことわざに「一日一個のりんごは医者を遠ざける」というのがあります。

それくらい、リンゴは優れた食材ということです。
水溶性食物繊維も豊富でに免疫力も高めてくれます。
しかも、抗酸化作用も強いと言われています。

なので、風邪などをひいた時にリンゴのすりおろしはおすすめです。

バナナ

さらにバナナも消化のいい食品です。
そもそも、バナナは低カロリーで栄養バンスのいい食品です。
日常で必要な栄養素がバランスよく含まれています。

しかも、いろんな面でバナナは活用されています。
なんといっても、バナナは料理などの手をかけずにそのまま食べることができるからです。

さらに消化だけでなく、バナナにトリプトファンは体内でリラックス効果の高いセロトニンというホルモンに変化します。
つまり、食べるとリラックス効果も期待できるということです。

ヨーグルト

消化のいいというならヨーグルトもうってつけな食材です。
そもそも、ヨーグルトは胃に優しい食材です。
しかも、胃の粘膜を保護する働きがあります。

それに、胃腸環境を整える乳酸菌の存在は見逃すことができません。
それにタンパク質も摂取することができます。
ただ、場合によってはヨーグルトの酸味が逆に胃に負担を与えることもあるので要注意です。
でも、ヨーグルトといってもいろんな種類があります。

まずは一度、食べてみるのもいいでしょう。

豆腐

大豆は畑の肉とよく言われています。
その大豆から作られた豆腐も消化のいい食品の一つと言えるでしょう。
胃に優しい上に低カロリー高タンパクです。

さらに豆腐を使った料理のレパートリーは沢山あります。
しかも、豆腐が嫌いな人は少ないです。

プリン

最後はやはり、プリンでしょう。
ちなみにプリンの材料は牛乳と卵でできています。

とにかく、卵と牛乳は胃が弱っている時に最適な食材です。
なので、この二つの食材で出来ているプリンは消化のいい食品の筆頭に挙げられるでしょう。

それにプリンといってもいろんな素材で出来たものが沢山あります。
牛乳ではなく豆乳でも作ることができます。

さらに幼い子でも食べることができます。

つまり、年齢関係なく食べられているということです。
しかも、プリンは冷やして固めるだけのモノや蒸して作るものなどいろんなレパートリーがあります。

まとめ

最後に消化のいい食品は他にもいろいろあります。
消化のいい食材を組み合わせることによって胃を労わることを忘れてはいけません。

その理由は胃腸が荒れると体に影響が出るからです。

ですから、胃の弱っているときや調子が悪い時は胃に優しい消化の良い食べ物をとって胃をなるべく休ませてあげるようにしましょう。