セルライトを除去する方法は!?お腹や太ももやお尻のセルライトをなくす方法

セルライト 除去

セルライトを除去する方法

とにかく、ダイエットの大敵と言われるのがセルライトです。

そのセルライトを除去するにはどうしたらいいのでしょう!?
セルライト正体は皮下脂肪組織にあり、老廃物とコラーゲン繊維が脂肪にこびりついたモノです。
ちなみにお尻や太もも、お腹まわりの肌表面にあるボコボコしたものがセルライトと言われています。

しかも、一度できるとなかなか解消できないのでダイエットの大敵と言われるのでしょう。
おまけに日本人女性の80パーセントがセルライトを持っているという事実を聞くと溜息が出てしまいます。

つまり、自分もセルライトを持っている可能性が高いということです。
ただ、セルライトはボコボコとした肌になるわけではありません。
2、3年かけてでこぼこしてくるモノです。

しかし、肌がでこぼこしている状態ではすでに解消しにくくなっています。

それではセルライトをなくす方法はないのでしょうか。

まず、足に多くついていると思われがちのセルライトはお腹にも沢山できます。
そこでお腹のセルライト対策から見てみましょう。
実際、落としにくいセルライトの塊がお腹につくとダイエットの計画にも支障をきたします。

というのも、お腹にびっしりセルライトがついてしまうと有機運動でも体重を落とすことができません。
ちなみにお腹を引っ込めるには腹筋がいいと言われています。

だけど、お腹にのっかったセルライトをなくすのはかなり根気か必要です。
確かに腹筋を鍛えることも大切です。
だけど、お腹のセルライトを取るのはマッサージが有効です。

なお、お腹にセルライトがつくのは二通りのパターンがあります。
おへそを中心に、お腹全体に脂肪がついている場合と下腹部分に脂肪がついている場合です。

腹部のセルライトをなんとかするためにはマッサージスリミング効果のあるオイルやクリームを脂肪がついているところに塗ります。
そして、セルライトを揉みだします。
ちなみにお風呂上りや体が温まっている場合が効果的です。

他にもゲルマニウムを編み込んだ補正下着も効果的です。
補正下着を使えば家事をやったり、仕事中でも脂肪から老廃物が体外に出るので助かります。

お尻の形がでこぼこしているのはセルライトが原因です。
案外、気が付きにくいのがお尻です。
というか普段から、自分のお尻を見る人は少ないです。

なので、セルライトが出来てしまって初めて、気がつく人もいます。

実際、お尻にはぜい肉が付きやすいところです。

だからこそ、セルライトもなんとかしておきたいです。
大体、セルライトは脂肪に余分な老廃物までついた厄介な代物です。

見た目も酷く悪い上に、お尻のバランスが取りづらいです。
それに美尻を目指しているのなら断固としてセルライト除去に力を入れるべきでしょう。
大体、でこぼこしたお尻では夏、水着になるのも恥ずかしいです。

だけど、お尻のセルライトは長時間のデスクワークなどが原因で出来やすいと言われています。

でも、セルライトがむくみや血行不良、冷えを引き起こす原因になります。
そして、むくみや血行不良、冷えがさらなるセルライトを作りだしてしまいます。

この悪循環をなんとかして無くさないといけません。

ではお尻のセルライト対策には何が効果的なんでしょう。

ただ、外側からセルライトに対応しても限界があります。
そもそも、セルライトは体の内部で出来てしまうからです。

むくみや血行不良、冷えのせいで出来てしまったセルライトを外部からのアプローチで改善するだけではダメです。
体の中からも何らかの対応が必用です。
そこで血行をよくし、冷えをとり、むくみにくくなるような体質改善に心がけるべきです。

そこでお尻のセルライト対策としてはサプリが有効です。
体の中からセルライトを改善するわけです。
そもそも、セルライトは老廃物が脂肪にまとわりついたものです。

だったら、体の外に老廃物を排出してしまえばセルライトも改善されます。
その上、血行もよくなってむくみや血行不良、冷えも改善します。

ちなみにリンパマッサージも効果的です。

リンパは足だけでなくお尻にも流れています。
なのでマッサージでリンパの流れをよくすることです。
最終的にはお尻のセルライトは努力次第で改善されます。

お尻の次はやはり、足でしょう。

実際、お尻にセルライトがつけば当然、太ももにもセルライトがごっそり出来ています。
大体、太ももが太いと股ずれの原因にもなります。

とにかく、足のセルライトも改善して美尻に美脚、この二つを手にいれちゃいましょう。

ぼこぼこの太もものセルライトを自宅で改善する方法があります。

それは太もものリンパマッサージです。
お尻とのリンパマッサージも同時にすれば美尻に美脚に一歩近づいてきます。

出来たら毎日を続けると効果的です。

ちなみにセルライトは太ももの裏側につきやすいです。
何故なら、太ももの裏側は筋肉がつくにくいからです。

なので、その分、脂肪がついてしまうんでしょう。

当然、太ももの裏側のセルライトもリンパマッサージで毎日、こつこつやることです。

だけど、毎日、こつこつと続けてもいつになったらセルライトがなくなるのでしょう。
当然、夏までにしつこいセルライトはなんとかしたいです。

この場合、セルライトをなくすための道具があると便利です。

そこで最近ではセルライトローラーというものが注目されています。
ちなみにセルライトをつぶして除去する仕組みです。

ただし、セルライトローラーは正しく使わなくてはセルライトの除去にはなりません。

さらに、セルライトをつぶすといっても力一杯、やっては逆効果です。
というのも力をこめすぎると今度は毛細血管が切れてしまい大変なことになります。
なので、きちんと手順を踏んで順序良く、マッサージすることが大切です。

ちなみに足裏のツボを刺激してからリンパに沿って動かすのがお薦めの方法です。

なお、セルライト対策として有効なボディオイルもあります。
とにかく、セルライトは老廃物をなんとかすることが大切になってきます。
実際、老廃物がこびりつかなかったら脂肪もセルライトにはなりません。

そして、セルライトの根本的な対策には体脂肪を落とす必要もあります。
なので、食生活の見直しも大切なことです。

大体、運動をしないと筋肉が衰えてしまいます。
そうなると下半身に集まった静脈血やリンパ液を上半身に戻す筋肉ポンプの役目ができにくくなります。
結局、むくみや血行不良や冷えの原因になります。

なので、さらにセルライトができやすくなってしまいます。
とにかく、セルライトは下半身につきやすいです。

そこでセルライトに有効な運動は歩くことです。
ウォーキングが一番、効率よく脂肪の燃焼ができます。

ただ、脂肪が燃焼し始めるまで20分くらいかかります。
なので、いきなり体を動かす激しい動きはしてはいけません。
それに激しい動きでは長く続けることができません。
なので、ただ歩くだけのウォーキングが有効だということです。

逆に激しいスポーツは逆効果なモノになります。

さらにストレッチなど体を温め筋肉を柔らかくしておきましょう。
でないと、肉離れやアキレス腱など痛めてしまいます。
この点を気をつけてウォーキングしましょう。

できるだけ継続するのが重要です。

最後に自宅でも対処できるセルライトをなくす方法はリンパマッサージが一番だということです。
簡単なリンパマッサージなら誰でも実行できます。

まずはマッサージから始めて様子を見るのも一つの手段です。
でも、なるたけならセルライトが出来ないように予防することも大切です。