レモン水ダイエットでカンタン、キレイに美活!効果と作り方は!?

レモン水ダイエット

レモン水ダイエットの効果と作り方

生レモンを絞ってミネラルウォーターにプラスして飲むだけで、美肌&ダイエット効果を発揮できます!
モデルのミランダ.カーさんも出産後の体型を戻すために実践していたレモン水ダイエットです。

レモン水、作り方は簡単です。
レモン半分の絞り汁(市販のレモン果汁の場合は100%の果汁を10cc)を200mlのミネラルウォーターと合わせるだけです。

なお、ミネラルウォーターではなく、水道水をそのまま利用すると、水道水の塩素がレモンのビタミンCを壊してしまうため、避けましょう。

では、レモンの持つダイエット効果を簡単にご説明します。
レモンの黄色成分のヘスペリジンには脂肪の吸収を抑える働きがあります。
そして酸味成分のクエン酸は疲労回復を促し、エネルギー代謝を早めてくれます。
リラックスを促すリモネンも含まれていることから、ストレス解消の効果も期待できます。
何より、食物繊維のペクチンには利尿効果と腸内環境を整え、便秘を解消する効果があるので、ダイエットには最適ですね。

加えて美白美肌効果で有名なビタミンCも含まれています。
レモン水は特に飲む時間は決められてはいないのですが、より効果的に飲むタイミングとしては、夜がオススメです。

朝飲むと気分がリフレッシュして良いのですが、やはり一日の中で一番カロリーの高い食事をする夕食後が良いと思います。
簡単に作れるレモン水ですが、ちょっとした一手間でより効率良く摂取できるので、ご紹介します。

まず、先程も触れましたが脂肪の吸収を抑えるヘスペリジンは果皮に沢山含まれているので、レモンは国産、無農薬のものを使い、レモン水を作った際に果皮をすって少量入れるとポリフェノールも一緒に摂取できます。
簡単に作れるレモン水ですが、ちょっとした一手間でより効率良く摂取できるので、ご紹介します。

%e3%83%ac%e3%83%a2%e3%83%b3

まず、レモンは国産.無農薬のものを使いましょう。
先程も触れましたが、脂肪の吸収を抑えるヘスペリジンは果皮に沢山含まれているので、レモン水を作った際に果皮をすって少量入れるとポリフェノールも一緒に摂取できるので、より効果的です。

国産ではなく輸入のものレモンの場合は妨カビ剤などが塗られているので、果皮をすって入れる時は良く擦り洗いをしてください。
レモンを切る前にはコロコロと転がしましょう。
中の繊維が壊れて出る果汁の量が変わります。
カットは横ではなく、縦に切るだけで果汁の量が多くなりますよ。
簡単に取り入れやすいレモン水ダイエット。
ぜひ、習慣にしたいですね。