PMSの薬は何がおすすめか?

pms

PMS(月経前症候群)の症状におすすめの薬とは!?

つらいpmsの症状で悩まされていませんか!?

そんな時どんなpmsの薬を飲めば治るのかおすすめの薬をご紹介します。

そもそもpmsとは

pmsとは、正式名称は、月経前症候群のことを言います。これには、様々な症状があり、軽度なものから日常生活への支障を来すものまで幅広い症状があると言われています。

軽度な症状のものならば、情緒的に不安定になる場合があります。また、重度なものならば、軽度なものよりもさらに症状が重くなり、会社を休まなければならないなど日常生活に大きな支障を来すといっても過言ではありません。

pmsの症状は、心の症状とからだの症状で2種類に別れます。心の症状は、先程あげたような情緒的な症状があります。例えば、イライラする、集中力がない、不安が高まる、無気力状態になるなどのことがこれに当たります。

一方で、からだの症状には、ニキビができるなどの肌荒れの症状、乳腺が張ることにより乳房の痛み、手足のむくみ、体重の増加などの原因があげられます。心とからだの症状を引き起こす最大の理由は、ホルモンバランスの著しい乱れが原因となります。

しかし、はっきりとした原因は医学的な見地からも明かにされていないのが現状です。pmsが起こる具体的な時期は、だいたい生理開始日の2週間前であるといわれといます。この頃は、排卵日が過ぎて黄体期に入る時期であると言われています。

pmsの主な原因

この時期は、基礎体温表で言えば高温期であると言われています。なぜPMSが起こるのか、その理由は医学的な見地からははっきりとした検証はなされていません。

しかし、3つの理由があるといわれています。

まずは、黄体ホルモンの影響によるものです。この黄体ホルモンの正式名称はプロゲステロンといいます。このホルモンは脳内物質や水分の代謝に影響しています。そのため、からだ全体かむくみやすくなったり体調の不安定を招きやすくなります。

次に脳内物質の低下です。脳内物質の働きが低下すると卵胞ホルモンが低下し、感情を生み出す物質であるセロトニンの低下に繋がります。そのためネガティブな感情を引き起こしてしまう原因になりかねません。

次に多いのが、ビタミンやミネラルの欠乏です。ビタミンやミネラルが不足することは、脳内物質の低下に直結する最大の要因です。サプリメントなどで、ビタミンやミネラルを補給することにより、簡単に解決できます。ビタミンやミネラルの補給はストレスを緩和することにも繋がります。pmsの発症を引き起こしやすい直接的な要因は、ストレスに起因します。例えば、職場のことや周囲の人間関係はストレスの原因と大いに関係あります。

PMSの薬は何がおすすめ!?

pmsを治療するには、漢方やサプリメントを服用することもおすすめですが、一時的な効果しか得られません。それよりは、薬による治療が手っ取り早く症状を緩和する手段であるといわれています。

近年、ドラッグストアでおすすめの薬が「プレフェミン」といわれる治療薬です。この薬は日本初のpms治療薬です。これまでは、婦人科などに通院し、医師の診察を受けた上でしか薬が処方されることがありませんでした。通院は大変だし、費用はかかるというのがこの症状の治療の難点でもありました。しかし、プレフェミンが発売されたことにより、楽に治療を受けることができるようになりました。プレフェミンに含まれている成分は、「チェストベリー」という果実の乾燥エキスで古くから古代ギリシャでは病気の治療に用いられている成分です。チェストベリーには、発痛物資であるプロラクチンに有効に作用して、過剰分泌を抑えるのに優れた効果を発揮します。他にも、月経に直接影響するエストロゲンやテストロテンなどといった女性特有のホルモンにもチェストベリーは優れた効果を発揮します。プレフェミンは、pmsに関する全ての症状を緩和する働きがあるため、少しでもpmsの症状を感じたら早めの服用がおすすめです。