478呼吸法で不眠症改善!眠れないときの睡眠対策とは!?

478呼吸法

478呼吸法で不眠症改善!

安倍総理も実践しているという478呼吸法とは!?不眠症も改善できる!?

ニュースでも話題になったこの呼吸法ですが、どんな効果が得られるのか!478呼吸法のやり方をまとめてみました!

478呼吸という意味は、アンドルー・ワイルという名のアリゾナ大学の教授が作った呼吸法です。この教授は御年73才で、植物学と医学を学習していまして、睡眠障害も自然回復能力を高めていけば改善できると考えられ、478呼吸ができたと言われています。

まず、478呼吸法を行うことによって超リラックスすることができよく眠れる。

寝る前におこなうと1分で眠れるといった不眠症の方も改善できるかもしれない呼吸法です。

では、なぜ不眠症の改善にもやくだつのでしょうか!?

478呼吸を実践することで、日頃の生活のストレスが楽になるだけでなく、交感神経を副交感神経に変化させることが出来るので、就寝するのが格段にスムーズになるとのことです。

交感神経から副交感神経に切り替わることによって人は眠りにつくのですが、睡眠障害の方では転換がうまくできずいつまで経っても寝付くことが出来ないのです。

478呼吸はそんな方でも副交感神経へすぐに切り替えることが可能になるので、ぜひともチャレンジしてほしい呼吸法です。

478呼吸のやり方

478呼吸の効果を解説したので、ここでは実行できるように478呼吸のやり方も紹介しますね。

と申しましても、やり方は非常に簡単なんです。

1.まず、口を閉じて鼻から4秒間息を吸い続けましょう。

2.そしたら、その状態で7秒間息を止めます。

3.そして、最後は8秒間かけて口から息を吐ききる!

これで478呼吸は終了です。後はこれを8セット繰り返せばその間に寝てしまう人もいるでしょう。

超簡単ですよね^^

ちなみに、お気づきのひともいるかもしれませんが、478の順番で呼吸をするので478呼吸というネーミングがついているんです。

478呼吸法は眠れないときの睡眠改善だけだけではなく、リラックス効果やストレス解消効果もあるので、大会や発表会・会議の前の緊張してる時など、478呼吸法をおこなうことで緊張をほぐすことができますよ^^

安倍総理なんかも忙しく多忙な合間をぬってこの呼吸法をとりいれているそうですよ!

478呼吸法を行うときのポイント

ポイントはゆっくりと深い呼吸で行い瞑想しているイメージ行いましょう。

忙しい毎日・ストレスなどスマホのやりすぎなど、今の現状は神経が過敏に反応して脳が興奮状態にあるといえます。

不眠症など夜考え事などしてなかなか眠れないときなどは、やはりこころを落ち着かせることが大事です。

そのためには、478呼吸法で深くゆっくりと瞑想しながら行えば、交感神経を副交感神経に変化させ深くリラックスしてスーッと寝付くことができるでしょう!

ぜひ試してみてくださいね^^