月刊ムーがネタ切れってマジ!?編集長も認めてるってwww

大槻教授も攻め手に困る?月刊ムーとは

編集長自らが「ネタに尽きている。だから、使い回し」と発言したことが話題の雑誌

「月刊ムー」。

本屋で表紙を見たことはあれど、実際に購入した人はどちらかといえば少ないのでは?

そんな月刊ムーとはいったいどのような雑誌なのでしょうか。

月刊ムーは、オカルト情報誌として1979年に現在の学研ホールディングス社より創刊されました。

月刊ムーの愛読者たち

編集部では愛読者・投稿者を親しみを込めて「ムー民(みん)」と呼んでおり、著名人の愛読者も多く、民主党政権時代の総理大臣を務めた鳩山由紀夫さん初め福山雅治さんや木村拓哉さんなども愛読者として名を連ねています。

なんとオカルト否定派としてよくテレビ番組にも出演されている早稲田大学教授の大槻義彦先生も愛読者なんだそうです。否定するために中身を知る、ということでしょうね。

月刊ムーの表紙

本屋さんでは、人の目が描かれた表紙を何回も目にしたことがある人は多いでしょう。

これは人間が最初に目を見るという修正を利用し人目につきやすくする意図がありますが、恐怖感を和らげるために女性の目としているという配慮もなされています。

キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」となっており、誌名は超古代文明国家として太平洋に存在したとされる「ムー大陸」から由来しているとされますが、裏には様々な意味を含んでいる、ともされています。

「ノストラダムスの大予言」でオカルトブーム

1970年代といえば、五島勉さんの「ノストラダムスの大予言」などが創刊され大ブームを巻き起こし、UFOなどのオカルト関連への関心が世間で高まっていた時期でした。

雑誌コーナーの一部としていたオカルト関連の記事が好評だったことから、学研社はオカルトに特化した雑誌を企画、中高生向け雑誌として産声を上げました。

ただ大衆受けを狙いすぎたのかコンセプトが安定せず売り上げに苦戦、廃刊寸前で1年続行が決定したのちよりオカルトマニア向けに特化した内容へシフトしたところ売り上げが安定化、現在まで継続をすることとなります。

ムーの成功を受け、二匹目のドジョウを狙った他出版社からも似たようなコンセプトの雑誌が次々と創刊されていきますが、やはりオリジナルには勝てないのか続々と撤退、現時点ではムーは唯一の定期刊行オカルト雑誌となっております。

創刊以来熱狂的なファンが多く存在している雑誌でありながら、ファンを公言する一般読者がほとんど見られず、オカルトに対する世間体が現れている現象ともいえますね。

月刊ムーが自然科学!?

そんなムーですが、オカルトだけでなく自然現象や遺跡などの記事も掲載することがある影響から、本屋さんでは「自然科学」コーナーに置かれていることもあります。

内容はUFO、超能力、怪奇現象、超古代文明、陰謀論などオカルト全般を掲載、肯定的な見解を示しています。ただ前述の通り、創刊初期はアニメ・小説・芸能ネタの掲載など内容に一貫性がなく迷走していたこともあります。

また当初は興味本位の非科学的な記述、意図的なゴシップも多く見られたようですが、近年は科学的に説明する方向性に切り替えているようです。

誌面掲載内容は3ヶ月前には決めているそうで、発刊までの間に世間を揺るがすような超常現象が起きたとしても差し替えをすることはせず、淡々と予定通りの内容で出版することを方針としている、と編集長自らが語っており、長年根強いファンをもち継続できてきたのも、そのブレない方針と中身にあるのではと推測されますね。

ただ一度の例外はあり、前述の鳩山由紀夫さんが総理大臣となり民主党に政権交代した2009年に、就任1ヶ月後発行号の読者コーナーで特集が組まれています。ファンを大事にしている姿勢も長く継続している理由の一つと言えるでしょう。

ただ近年の科学の発達により、様々なオカルト的現象・事象の実態が判明してきたりしている影響もあるのか、騒がれた当初から新事実がなかなか出てこない影響もあるのか取り扱う内容に目新しさが生まれていないのかも知れず、編集長の悲痛な言葉につながったのかと思います。

ただ世の中には、科学で説明できない事象というのは数多く存在しています。

きっと皆さんも運命的な出会いとか、偶然の出来事とか説明できない事の一つ二つは必ずお持ちのはず。全てが物理法則とか科学的見解で説明できる、というのにもロマンがないですよね。

オカルトはロマンの宝庫とも言えるでしょう。否定派の大槻先生もロマンを感じているから愛読しているのでは?と思います。

ネタに尽きたとめげず、これからもロマンを提供して欲しいですね!

シェアする

フォローする