ノロウイルスに子供が感染した時の症状とは!?消毒方法には気をつけて!

ノロウイルス

 ノロウイルスに子供が感染した時の症状と消毒方法

また、消毒方法を間違えるとノロウイルスにすぐに感染してしまいます。

どんな消毒をすればいいのか!?

子供がノロウイルスに感染した時の体験談をみてみましょう。


「おえ、おえーーー」
急に息子が家の廊下で吐きました。
匂いがキツく、嘔吐物が当たり一面に広がっています。
さらに追い討ちをかけるかのように、次は、オムツに排便をしました。
便を見ると、やはり匂いがツンとして、便の内容は下痢です。

バケツはないので、お風呂にあった小さな桶を早急に用意しつつ、息子はずっと、オマルに座らせていました。下から下痢を出すと、次は上から吐いての連続攻撃です。
私も疲れ果ててしまいそうでしたが、それ以上に息子の体力も限界に達しているようでした。
息子を正面から抱きかかえながら嘔吐と下痢の処理をすることの大変さは、尋常ではありませんでした。
思い起こせばその時の幼稚園では、ノロウィルスが蔓延していました。

そのノロに息子は感染したのでしょう。

幼稚園を恨みたくなるくらいでしたが、そんなことを言っている場合ではないので、即座に救急車です。
嘔吐物や下痢便はそのままで、息子を初めての救急車に乗せ、その日に入院が決まりました。
私が息子を看病しました。結果、夫がその嘔吐物等を処理する破目になりました。
そして夫も同じ症状になり、1週間、仕事を休みました。

後から聞いた話ですが、嘔吐物は適切な処理をしないと、そのノロウィルスは嘔吐物周辺も含めて生きているそうです。アルコール消毒では、絶対に菌が死滅しないのです。
塩素系のハイターなどの塩素系消毒液でないと、だめだそうです。

息子は2日間かけて苦しみました。嘔吐は終わりましたが、下痢がしばらく続きました。
薬はありません。あくまでも水分を経口保水液で摂取しつつ、点滴を18時間に1回投入して、経過観察のみです。

ノロウイルスは、体に入ると、48時間内に菌が増殖し、しかも、治っても、3日間はずっと便に出るそうです。
それを実証するかのように、私も同じように息子が退院してから家に戻ったとき、ノロウィルスに罹ってしまいました。
適切な治療方法がないのが特徴です。

できるかぎり、体力が落ちないように、水分を多く摂り、また、御かゆなど少しでもいいので食べて栄養を補給することがいいようです。