葉酸サプリはいつからいつまで飲むの!?効果的な飲み方について

葉酸サプリ飲み方

葉酸サプリの飲み方

葉酸というものをご存知でしょうか。

葉酸、それはほうれんそうから抽出されたビタミンB群の一種。

この葉酸は摂取すると体内で血液の赤血球を作り出す働きがあります。

母子健康手帳にはこの葉酸が胎児の奇形や異常の予防のために摂取することが欠かせないと書いてあります。

ですので葉酸は妊婦さんとお腹の胎児のために必要な物質といえるのです。

これから妊活をされる方や妊娠初期の妊婦さんへ葉酸サプリの必要性と飲み方についてお伝えします。

葉酸サプリの必要性

厚生労働省は妊活、妊娠した女性に対し、先天性異常の内の二分脊椎の神経管閉鎖障害の発症リスクが軽減される

として葉酸の摂取量を増やすべきとしました。

先天性異常の内の二分脊椎の神経管閉鎖障害の発症とは何んでしょうか。

簡単にいいますと胎児の脳や脊椎が正常に作られない、正常に癒合(くっつく)されない異常のことです。

具体的には妊婦のお腹の胎児の脊椎神経管が正常に癒合されないために、先天的に異常のある胎児が生まれてくる

というリスクのことです。

このリスクを軽減することが出来るとして葉酸の摂取を推奨しているのです。

その葉酸、妊婦さんはどのくらい摂取すれば良いのでしょうか。

先程の母子健康手帳には1日400μg(0.4mg)摂取するべきと記載されています。

葉酸は普通の食品中にも含まれていますが少量で、食事では十分な摂取が出来ません。

例えば先程のほうれんそう100グラム中には葉酸は110ugですから一日分でいうと400グラム近く必要となるのです。

ほうれんそう400グラムを毎日食べてくださいなんて、とても無理な話ですよね。

けれども健康な胎児の為には必要なわけですから、なんとか摂取したいものです。

そういった要望を叶えるものとして葉酸のサプリメントがあります。

葉酸サプリの成分は主に、葉酸、鉄分、カルシウム、各種ビタミンが配合されていて

一日に必要とされる葉酸が400ug配合されています。

この葉酸サプリを服用することで一日に必要な葉酸を摂取することができるのです。

葉酸サプリはいつから飲むの!?

ではこの葉酸サプリ、いつ頃から妊婦さんは服用していけばいいのでしょうか。

また、どんな風に服用すべきか、また何を気をつけるべきか述べてみたいと思います。

さてその葉酸サプリですが、妊婦さんはいつから、そしていつまで摂取すれば良いのでしょうか。

まず、飲み始めですが、妊娠する予定を立てた日又は妊娠初期から服用されることをおすすめいたします。

服用のタイミングですが、葉酸サプリは栄養補助食品ですので基本的にはいつでも服用できます。

ですが毎日服用すべきですので、朝食もしくは夕食時の食間(食事の合間に)に服用されると良いでしょう。

錠剤の服用数はサプリによって数が違いますので、各サプリの一日の服用数を厳守されてください。

なおこれは個人差のあることですが、サプリによっては錠剤の粒が大きく妊婦さんによっては飲みにくい

そういったこともあるようですので、潰して粉末にしたり一度の服用ではなく毎食に分けて服用されても良いでしょう。

服用する期間ですが、これには厚生労働省からのガイドラインが示されています。

第一に葉酸の摂取で重要とされる摂取期間は妊娠前から妊娠3ヶ月(8~11週)までとされています。

つまり最低限この期間は飲み続ける必要があります。

さて、ではなぜ妊娠3ヶ月の間飲み続けなくてはならないのでしょうか。

それは葉酸が造血作用が有る反面、体内での蓄積性が低く体外に排出されてしまうため毎日摂取する必要があるのです。

また、その期間がお腹の胎児が作られていく過程において重要な時期であるために必要なのです。

では、3ヶ月が過ぎたならば服用をやめてもよいのでしょうか。

前記しました通り、葉酸には造血作用があります、そしてそれは胎児への血液供給であり母体への血液供給でもあります。

よって、母体が貧血状態にならないためにもそれ以降も飲み続けたほうが望ましいといえます。

葉酸サプリは出産までは飲み続けたほうがいいのでしょうか。

出来れば出産後までしばらくは飲み続けたほうがいいと思われます。

当然のことですが出産時は大量に出血を伴います、そしてその後は胎児に母乳を与えねばなりません。

葉酸を継続して服用しておくことでビタミンBや造血が図られ、良質な母乳が作られますから継続すべきです。

そのほか、葉酸には出産後の子宮の状態を回復させる効果もあり、さらには動脈硬化、高血圧を抑制する効果も認められています。

それでは最後に葉酸の摂取に際し注意点を述べてみたいと思います。

まず、効果の高い葉酸ではありますがだからといって一日の摂取量を超える量は飲まないことです。

その訳は、過剰摂取することで副作用の危険性があるのです。

その危険性とは呼吸系の副作用で呼吸困難やぜんそくを起こす恐れがあり、母体への副作用だけでなく

最悪、胎児に小児ぜんそくというリスクもあるのです。

ですから服用に際しては用法用量を厳守して、安全に服用されてください。