赤ちゃんの口の周りのカサカサを薬以外で早く治す方法とは!?

赤ちゃんの口周りカサカサ

赤ちゃんの口の周りのカサカサでお困りですか!?

赤ちゃんの口の周りがカサカサになる

唇の両脇が切れたりする

そのような状態のことを「口角炎」と言います。

その口角炎、ひとたび起こると治癒するまでにかなり長引いてしまうので、赤ちゃんもかわいそうでしかたありませんよね。

赤ちゃんの口元はオッパイを飲むのに吸う力をいれるので切れていたりひび割れしてしまうと痛くて、ぐずってしまうかもしれません。

赤ちゃんの口の周りがカサカサしたり、かゆみがでることもあり、薬屋さんにお口の塗り薬を買いにいったら 口角炎ですね。 と言われました。

この際に、症状がちょっとひどかったので、塗り薬を買いましたが口元にガビガビが残ったので、出来たら子供には薬はあまり使用したくないと感じ、さまざまな方法を自分でやってみて今では赤ちゃんの口の周りがカサカサしなくなったので、私がやってよかった方法をお伝えしていきます!

赤ちゃんの口の周りのカサカサを塗り薬に頼らずに治す方法をシェアしますね!

やはり夏に比べて、冬の方がよくカサカサになりますよね。でも夏場になることもあるんです・・・

赤ちゃんの口の周りのカサカサをそのままにしていると、色が次第に黒ずんできます。そして、ママ友から心配されることもあります。

ちょっぴり、殴られたようになりますからね・・ 。

見た目可哀想なだけではなく痛い

あくびでお口の端が裂ける

本当に口角炎は赤ちゃんには痛々しいです・゜・(ノД`)・゜・。

すこしでもでも早く治癒して、繰り返さない為の改善法を今回はご紹介しますね!

①口角炎のできる原因

免疫力の弱化ビタミンB2やB6といったビタミンB群の欠乏常在菌(カンジダ菌や化膿菌など)乾燥

②口元を清潔に保つ

よく傷口は舐めて治す!などと言われますが、口の中にはたくさんの菌が存在していますので、症状が悪化してしまう可能性があります。赤ちゃんの口の周りなので、清潔なタオルなどで綺麗に拭いてあげます!しかし、お口を清潔に保つために洗浄はかかせませんが、洗いすぎると乾燥が悪化して長引く原因にもなってしまいますので、赤ちゃんの口の周りのカサカサしている部分は石鹸などはつけずに、水かぬるま湯で洗う程度にしておいてくださいね。

③皮膚を保護する

薬屋さんでも勧められましたが、肌に安全な「ワセリン」で油膜を張り乾燥を防ぎながら皮膚をバリアする事が大切です。

ワセリンにもいろんな種類のワセリンがありますので、医薬品のものではなく、化粧用油などを選ぶと安心です。 この3つのことを気をつけているとずいぶん赤ちゃんの口の周りのカサカサは改善してきましたよ。しかし私が一つだけ気になっていたのは、ワセリンを塗った時の使用感と独特のニオイ!

この匂いじゃ赤ちゃんもちょっと(´・ω・)嫌な顔してる・・・

お口の周りに塗ってあげると痛いのか臭いのか泣き出しますからね(T_T)

でも日中でも赤ちゃんの口の周りはカサカサするし、夜より昼間のほうが気になりますから、何か他に良いのないかなぁと探してたらいいのみつけちゃいました!

刺激の少ない敏感肌用で匂いの気にならない ワセリンをいろいろ調べていましたら、美容情報サイトで興味深い敏感肌用の化粧品を発見したのです。

「ワセリンよりも肌の潤いを逃さない非常に効果が高い実験結果がでました」 それが「アヤナス」という敏感肌専用化粧品です。

敏感肌用化粧品で無添加だから赤ちゃんにも安心して使えますよ~。

アヤナスのレビューを見てみると匂いも安らぎの香りで全然気にならないようなので、この化粧品なら、気持ちよくお手入れできるかも!!

このアヤナスのトライアルセットを使って3日ほどで肌の乾燥は落ち着いていました!赤ちゃんの口の周りのカサカサにはクリームを重ね付けして念入りにお手入れしました。

しかもワセリンのようにベトベトしないし、臭いはとっても安らぐ香りでリラックスまでできちゃいます!

なので、赤ちゃんの口の周りのカサカサもよくなっていきましたよ!!

トライアルの10日間で口の周りのカサカサはほぼなくなりました!

それから、2回冬を越していますが、まったく赤ちゃんの口の周りがカサカサする事はありません。 毎年、夏にもでてきて、冬場は特にひどく悩んでいた口回りのカサカサ。

赤ちゃんの口周りのカサカサを治してくれたのは、ワセリンの上をいく敏感肌専用化粧品のアヤナスでした!!

あなたも赤ちゃんの口の周りがカサカサするようなら一度試してみてもいいかもしれません。

今ならトライアルセットでお試しできますよ。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

>>敏感肌ケア<<アヤナストライアルセット>>のお試しはコチラ