名古屋の観光名所人気ランキング!おすすめの観光スポットをご紹介!

名古屋 遊ぶ

名古屋の観光名所でおすすめの場所はどこ!?

名古屋ってどこに行けば面白い観光スポットがあるの。
娘が他県から今度、名古屋に就職した子に聞かれたそうです。
確かに、他県から見れば名古屋はいまいち、観光スポットがおもい浮かばないかもしれません。

そこで子供たちが遊んで楽しめる名古屋の観光名所を調べてみました。

名古屋城


一番のスポットは名古屋城でしょう。
尾張名古屋に燦然と輝く象徴である建物です。
ただし、現在の天守閣はコンクリートで戦後、建てられたモノです。

現在、本丸御殿復元プロジェクトが進行中。

それに外国からの観光客も沢山やってきます。

ちなみに名古屋城は大人500円、中学生以下は無料です。
つまり、子どもは無料なので、ちょっとした遊び場になるはずです。
とはいえ、開館時間は午前9時から午後4時30分で天守閣・本丸御殿へのご入場は午後4時までになります。
団体なら割引もあります。

名古屋港水族館


名古屋港水族館はかなり大きい水族館です。

ちなみに南館と北館、二つに分かれています。
そして、約500種50000匹の魚が飼育しているそうです。
メインプールは日本最大級です。

なので、イルカショーは迫力があります。
白イルカのベルーガにシャチも飼育しています。

ちなみにペンギン槽では人工の雪まで降っています。
雪が降る中、ペンギンが水に飛び込んだり、よちよち歩いたりとずっと見ていて時間がたつのも忘れそうです。

しかも、ウミガメの繁殖も行っています。
時期によっては館内で孵化したばかりの子亀とも遭遇できます。
それに館内には大型シアタールームもあります。

他にもいろんな試みをやっています。
月曜日が休館日だけど、一応月曜日もやっている時もあるので事前に確認を取っておきましょう。
入館料は大人2000円に小・中学生1000円それに幼児(4歳以上)500円となっています。

南極観測船ふじ


名古屋港水族館の近くに南極観測船ふじがあります。

船内は資料館となっています。
それに船内では当時の面影が残っていて子どもも喜ぶスポットです。
ちなみに水族館では南極観測船も込みのチケットも販売しています。

なので、水族館を行ってから南極観測船、もしくは南極観測船見学の後に水族館というコースはどうでしょう。

これなら、時間も有効に使えます。

それに水族館周辺にはおしゃれなお店が沢山あって一日楽しめます。

東山動植物園

名古屋・東山動植物園は「おっさんの叫び声」で有名になったフクロテナガザル人気です(笑)
本当ににおっさんの声みたいで笑っちゃいます^^

また、イケメンのゴリラに会ってみたいと思いませんか。
それなら是非、東山動植物園に行きましょう。

動物園、植物園、遊園地、東山スカイタワーと一日では見て回れないくらい、広いです。
ちなみに月曜日は原則的に休みです。

だけど、場合によって月曜日もやっている場合があるので事前に調べておくといいでしょう。
それに植物園には大きな温室もあります。

大人500円で中学生以下は無料。

お弁当は持ち込みが可能です。
園内では食事スポットもあるけれど、お弁当を持って遊びに行くのも楽しいです。

熱田神宮


三種の神器の一つ、草薙剣を祭神として祭っているのが熱田神宮です。
境内はとても広く、迷子になりそうです。
信長塀や巨大な佐久間灯篭は有名です。

しかも、境内の中にはいくつもお社があります。
賽銭をあげるなら小銭を多く持っていたほうがいいでしょう。

名古屋科学館


世界最大級のプラネタリウムがあるのが名古屋科学館です。
なんといっても遊びながら科学を学ぶことができます。
一番なのはやっぱり、プラネタリウムです。

ただし、プラネタリウムは上映時間があるので、事前にチェックしておきましょう。
だけど、夏休みなどはかなり混雑しているので注意しましょう。

まとめ

結局、名古屋は観光として面白みが7ないと他県から言われることも多いです。
だけど、探してみると案外、面白みのあるスポットがいろいろあります。

しかも、名古屋城や東山動植物園は中学生以下は無料と子供を連れていくとリーズナブルに遊べるスポットです。

ぜひいってみてはいかがでしょう^^