独り暮らしのアパートでお掃除してみた!一日で終わらせるコツは・・!?

大掃除 一人暮らし

独り暮らしの大掃除のコツ!(体験談)

現在47歳ですが、20代の頃に和室の6畳一間に台所、トイレ、お風呂付のアパートで1人暮らしをしていた事があります。

アパートを出るときってお部屋を大掃除してキレイな状態にして返さないといけないですよね。

ですから私は普段から大掃除が簡単にできるようにあることに気を付けていました。

そのあることとは・・・ちょっとしたコツをおしえます!

和室なので1畳分の押入れがあり、収納は十分でした。
部屋を引き払うときに傷や汚れがあると修繕費がかかると聞いていたのでとにかく綺麗に丁寧に使っていました。

長く住み着くつもりはなく、引き払うときは自分が持ってきたものだけを持って出て行くつもりだったので、ほんとに必要最低限に抑え家具類は3段ボックスしかありませんでした。
3段ボックスを横にしてテレビを置いていたのですが、畳の上に直接置くと、畳が痛んだり、へこんだりするのではないかと思い、ダンボールを敷いていました。

休みの日はテレビを置いている3段ボックスをどかして掃除機をかけて台所の床は雑巾がけをして、シンク周りの水垢も綺麗に落としていました。

キッチン 掃除

掃除の仕事をしていた友達から、水垢や油汚れはキッチンハイターで拭くと良いと聞いてタオルにキッチンハイターを含ませ拭上げるとピカピカになりました。
除菌もできて一石二鳥です。
私は直接付けていたので、匂いがきつかったのですが、水で薄めて使うと節約にもなりますし、匂いも少しは和らぎます。

専用の洗剤よりも安く手に入るキッチンハイターは食器や布巾などの除菌も漂白もできるのでおすすめです。
匂いはきついですけどね。後、衣服に飛び散ると色落ちしてしまうので要注意です。

トイレの床は板張りだったので、ここも雑巾がけをしてトイレ周りや水タンクも拭上げていました。

お風呂の床や壁も週に1回は洗剤とタワシで水垢を綺麗に落としてカビの発生を防いでいました。
おかげでほぼ毎日快適なバスタイムでしたね。

お風呂 掃除

お風呂の床や壁はタイルの場合、お風呂から上がった後の残り湯を全体にかけておくだけでもカビの発生を防ぐ事ができます。そして換気ですね。これは数年前にテレビで見た情報です。
47歳になって今の家でこれを毎日実行しています。
毎日のお風呂には入るので少しの手間を惜しまずやると後で慌てなくて済みますよ。
夏場はシャワーだけという方は、最後にシャワーのお湯をかけてみてください。

ベッドではなく布団だったのですが、部屋にはベランダはなく洗濯物やお布団を干すことが出来ません。
大家さんから屋上を使って良いと言われていたので、お天気の良い日は階段を使ってお布団や洗濯物を干しに行っていました。
いつも部屋干しで一間しかない部屋の中に洗濯物が干してあるのが、自分の物とはいえ鬱陶しかったのでお天気の良い休みの日はここぞとばかりに洗濯物を干しに行っていました。

約2年間住んでいたのですが、2日に一回は掃除機をかけて、週に1回は大掃除をしていた感じでした。
友達からいつも掃除をしていると笑われていました。

アパートを引き払う前日に水回りやシンク周り、お風呂やトイレをキッチンハイターで磨きあげてピカピカにしました。
洗濯機を置いていた浴室の床はさすがに掃除をしていなかったので、水垢と汚れで悲惨な物でした。
洗剤とタワシで念入りに洗い綺麗にしました。

おかげで引き払うときは、修繕費は殆どかからず、大家さんに「今までこんなに綺麗に使ってくれた人はいなかった、綺麗に使ってくれてありがとう」とお礼を言われてしまいした。
スポンサー




まとめ

大掃除はあとでまとめてやるとすごく大変なので、普段からちょこちょこでもいいので意識をしていると、いざ大掃除をするときそんなに汚れがこびりついていないので簡単に掃除できる!

よごれが気になったらすぐにお掃除をしてしまいましょう!