(超穴場)常滑の観光スポットランキング!観光やデートスポットに最適な所は?

常滑

(厳選)常滑観光のお出かけスポットランキング

ゴールデンウイークや夏休みにどっか遊びに行きたい!
晴れ渡った空を見ているとなんだかどこかに出かけたくなりますよね。

だけど、某遊園地リゾートは人が沢山で考えただけでも疲れてしまいます。

だったら、お薦めの穴場スポットがあります。
それが愛知県知多半島の常滑です。

その常滑の遊び場でもおすすめの観光スポットをご紹介します!
常滑観光協会

中部国際空港


ちなみに常滑のどこがお薦めなのかというと、中部国際空港の存在が大きいでしょう。
名古屋からだと日帰りで十分です。
東京や大阪なら電車でもそんなにかかりません。

しかも、海岸も整備されているので夏、海水浴でも人気があります。

それにセントレアの愛称で親しまれている中部国際空港はただ、遊びにいくだけでも十分楽しめるスポットです。

しかも、空港内には展望風呂もあってお風呂に入りながら飛行機を眺めることができます。
なんといっても、中部国際空港は中部地方の玄関口です。
大空とその先にあるまだ見ぬ国のあこがれを感じることができるスポットです。

常滑イオン

それに常滑にあるイオンも注目してください。
なにしろ、アミューズメントからなるエンタテイメントモールです。

なんといっても、東京ドーム4個分の広さです。

屋外体験型エンターテイメントパーク「ワンダーフォレスト きゅりお」が出店しています。
内部にはロープコース(アスレチック)・サーキットコース・スケートリンク・温浴施設があります。
しかも、シャトルバスで中部国際空港の間がつながっています。


おまけにイオンシネマ常滑もあります。

1985年頃から常滑市内に映画館がなくなりました。
それを考えたら、イオンシネマの開業で32年ぶりに映画の灯がともったことになります。

他にも全長7メートルの招き猫は注目の的です。

常滑市陶磁器会館

常滑は焼き物の町で招き猫も名品の一つです。

とにかく、常滑に行くなら焼き物の歴史を体験するのも一つの楽しみです。
観光のスタート地点は常滑市陶磁器会館が一番です。
しかも販売コーナーが充実しています。

建物の周辺にも面白い焼き物があって、写真を撮るのもよさそうです。

とこなめ招き猫通り

さらにとこなめ招き猫通りがあります。

なんでも、常滑市陶磁器会館から焼き物通りに行く途中にたくさんの招き猫たちが迎えてくれる場所をそう呼ぶようです。
ちなみに常滑ゆかりの陶芸家や職人の作品です。
デザインも様々で歩きながら見ていたらあっという間に目的の焼き物通りに出ます。

そして、現在、常滑の地を見守っている巨大招き猫があります。
とこにゃんと呼ばれているけど、何故か頭だけです。

頭だけで招き猫通りを上から見守っています。
なので、招き猫通りからでは見にくいです。
そこで、とこにゃんを見たいのなら、反対車線に行って遠くから眺めてみたほうがいいかもしれません。

やきもの散歩道

やきもの散歩道はAコースとBコースがあります。
勿論、基本コースはAコースです。

とにかく、土管が埋め込んでいる道はやきものの町に来た実感がわきます。
窯の煙突も下から見上げると迫力満点です。

そして、廻船問屋(商船を使ってさまざまな業務を行う業種)を営んでいた瀧田家が資料館になっています。
歴史に興味からあるなら、是非立ち寄ってほしいです。

さらに焼き物の町に来たならやっぱり、陶芸体験はかかせません。

やきもの散歩道の途中には登窯広場 展示工房館があります。
ここで、陶芸体験ができます。
簡単な絵付けくらいなら短時間でも体験できるはずです。

飾りタイル、マグカップなどの絵付けは旅のお土産にぴったりです。
さらに義翠窯 陶芸道場なら本格的な陶芸も予約なしで体験できるようです。

最後に常滑にはおいしい食事スポットがあります。
歩き疲れたら古い古民家を改造した甘味処があります。

それに外にあるレンガ窯か可愛いパン屋さんもあって立ち寄れば旅のいい思い出になります。
とにかく、街歩きなら常滑に行くのが一番ですよ。