毛穴の黒ずみを消すもっともおすすめの対処方法とは!?

毛穴 黒ずみ 消す

毛穴に詰まった黒いポツポツって気になりませんか!?

鏡を見るたびに鼻はいちごのようだし、鼻の周りにもポツポツって黒ずんでるのがすんごい気になるんですよね(T_T)

その黒ずみ洗顔だけで落ちましたか!?

それだけじゃなかなか落ないのではないでしょうか!

毛穴が黒ずんでいる原因は毛穴の汚れだけではなく、毛穴が開いて黒く見える場合もあります。

そこで今回は毛穴の黒ずみを消すもっともおすすめの対処方法をご紹介いたします!

毛穴・鼻の黒ずみの原因は!?

毛穴の黒ずみのおもな原因は角栓ずまりなんです。

これは、いちご鼻・ブラックヘッドなんてよばれています。

毛穴に皮脂や古い角質がが詰まって、その角栓が酸化することによって黒ずみのように見えるのが原因です。

その他の黒ずみの原因

乾燥毛穴

皮膚の水分量が減ってきてお肌が乾燥していき、皮膚の弾力がだんだんと低下していってそれが毛穴の開きとなって黒ずみに見える。

クレーター毛穴

にきびによる炎症が原因となって、皮膚の一部が凹凸となり毛穴の黒ずみに見える。

メラニン毛穴

紫外線を浴びたことによって、毛穴の付近にメラニン色素が溜まって黒ずみに見える。

すり鉢状毛穴

皮膚が酸化してダメージを受けて、毛穴の出口付近が広がって黒く見える。

などなど毛穴の黒ずみといっても様々な原因があるんです!

なぜ?!毛穴の汚れ・黒ずみが改善しない原因

毛穴汚れや黒ずみのお手入れはただ毛穴汚れをキレイにすれば良いだけだと思っていませんか?

毛穴汚れ・黒ずみで悩んでいる方の大体が、間違ったお手入れを行ってお肌の状況をかえって悪化させてしまっているんです。

そこで、毛穴汚れや黒ずみをさらに悪い状態にしてしまっている、間違ったお手入れ方法をご紹介します。

洗顔するときゴシゴシ洗ってないですか!?

毛穴に詰まった角栓や角質など、毛穴の汚れをなんとかキレイにしたいがためにゴシゴシとお顔を洗顔していませんか?

「完璧にお顔を洗顔した方が汚れが落ちるから良いのでは?」と勘違いされがちですが、実は間違った洗顔の方法なんです。

ゴシゴシ汚れを落とすことにより、お顔を洗った直後は毛穴の汚れが落ち、肌がキレイになってはいます。

しかし、あまりに念入りに洗顔しすぎると、お肌に必要不可欠な水分や、潤いを肌に留めておくための皮脂を逆に取りすぎてしまうんです。

そうして、お肌が乾燥してしまった状態と化して、それを補うために、お肌が皮脂を過剰に分泌するようになります。

過剰に分泌した皮脂は毛穴に詰まって、それが角栓・黒ずみになってしまうのです。
このような悪循環を繰り返してしまうことにより、毛穴の汚れがなくならない負の無限連鎖に陥ってしまうんです。

さらには、水分がなくなった肌は、バリア機能が低下し、お肌のハリや弾力も失ってしまうわけです。

そうなってしまうと、毛穴が開いた状態になり、お肌のたるみによる毛穴の開きまでも生じさせてしまうわけです。

一見汚れがスッキリおちて、キレイになっているように感じるゴシゴシ洗顔なんですが、実はお肌の状態を悪化させてしまっているんです。

間違った毛穴ケアしていませんか!?

毛穴パック(剥がすタイプ)で失敗するパターン

鼻に貼付して剥きとると、毛穴に詰まっている角栓や汚れを根こそぎ取り去ってくれる「毛穴パック」。

毛穴の黒ずみに悩んでいる方は、一回くらいは試した経験があるのではないでしょうか?
ペリッと剥がしたパックを見てみると、驚くほど角栓が付いていて、なんだかすごく気持ちいいですよねヽ(*´∀`)ノ

継続する事で毛穴が小っちゃくなると言われている毛穴パックなのですが、適切に使用できていないと、逆に毛穴を広げてしまうことになってしまうかもしれません。

毛穴パック使っても全く改善しなかった!逆に悪くなったと言う方は、毛穴パックを使った後、そのままそのままなにもせず放置してしまっていることがおもな原因です。

角栓を取り除いた後の毛穴は、その分だけぽっかり穴が開いている実態にあります。すなわち、毛穴に汚れが溜まりやすい状態で放ったらかしにしてしまっているわけです。

そのために、角栓がすっぽ抜けた後の毛穴にまた汚れが詰って角栓となり、結局は一緒の状態に戻ってしまうのです。

このように、誤った毛穴ケアによって、毛穴が広がったり、毛穴汚れがぜんぜん無くならないというような悪循環を引き起こしてしまいます。

毛穴の黒ずみや悩みを改善するためには、正しい方法で毛穴ケアしていくことが大切です。

ではどうやったらいいの!?

それでは毛穴の汚れを取リ除いた状態で、毛穴に汚れがたまらない状態を維持する正しい毛穴ケアの方法をご紹介いたしますね。

鼻の黒ずみ毛穴汚れの正しい毛穴ケア方法とは!?

毛穴の汚れを取りさるには、やっぱり洗顔が肝心です。
誤った洗顔方法でも述べている様に、ゴシゴシ洗顔はやってはいけません。
毛穴汚れは、きちんと洗顔料を選びとふわふわの泡で包み込むように優しくお顔を洗います。ゴシゴシと洗顔をしなくともしっかり落ちるので、できるだけ泡をしっかりつくることが重要です。

洗顔の際には以下の3つのポイントに注意しましょう。


1.毛穴に特化した泡立ちのよい洗顔料を選びましょう!
毛穴ケアには洗顔が大切という事もあり、毛穴に特化した洗顔料もたくさん販売されています。
通常の洗顔料よりも毛穴のケアのために考えられている為、毛穴の汚れ除去力に効果があるだけでなく、汚れを取り除いたその後の毛穴をケアする効果が期待できるなど、毛穴の黒ずみ・汚れに悩んでいるのであれば一度使用してみたらいいと思います。

2.お顔は優しく洗いましょう
お顔を洗顔するときは、手の圧による刺激をちょっとでも少なくするということがポイントです。
ホットクレンジングタイプの洗顔料などは、お肌に洗顔料をつけるだけでジェルが温かくなって、毛穴を開く効果があるため、優しくかるく撫でるだけで毛穴の汚れを吸着し、綺麗にすることが可能です。

泡立てるタイプの洗顔料では、たっぷりと泡立ててきめの細かい泡で洗顔するようにしましょう。
きめ細かな泡がしっかりできあがったら、泡を顔に円を描くようにつけていき、かるく手を動かすだけで十分洗顔効果が期待できます。汚れもしっかり吸着されるので心配しないで下さいね。
毛穴の汚れを落とすには、このように刺激が少ないソフトな洗顔を心がけることが大切です。

3.しっかりと洗い流す
洗い流すときは、洗顔料が残らないようにしっかりと洗い流してください。
残ってしまった洗顔料は毛穴の汚れの要因となり、せっかく洗顔をしたにも関わらず逆効果となってしまうかもしれません。

以上のようなことを気を付けるだけでも、毛穴も黒ずみや汚れを落とす為の正しい洗顔が可能となります。
洗顔料を選ぶときは、保湿成分や毛穴ケアに特化した洗顔料を使用する事で、一層効果的な洗顔をすることができますよ!

毛穴の角栓を取り除く方法まとめ

ここで、どのように角栓ケアをすればいいのかご説明いたしますね。おおまかに分けると、毛穴の詰まり対策として重要になってくるのは、以下の3点です。

毛穴を詰まらせている不必要な角質を、お肌をいかに傷を付けることなく取り除けるか!
よけいな角質が産みだされる要因を取り除く!
角栓がスポット取れやすいように毛穴をやわらかくしておく!

それでは、それぞれについて、正しいスキンケア方法をご説明いたしますね。

不必要な角質を簡単に取り除く方法
角質はタンパク質ですので、基本的には油性の汚れ落としのクレンジング剤や洗顔料では効果的に落とせません。ですので、タンパク質系の汚れを綺麗に取り除いてくれるピーリング石鹸や酵素洗顔料を使用して、優しく古い角質を落とすようにしてください。

くれぐれも、クレンジング剤などを使って古い角質を除去しようとして、ゴシゴシと長時間クレンジングをしたりしないようにしましょう。お肌がダメージを受けたり、角質層に存在している細胞間脂質(セラミドなど)やNMF(天然保湿因子)さえも洗い流してしまうことになります。ゴシゴシ洗うのではなくお肌を優しくなでるようにして洗顔しましょう!

よけいな角質が生成される原因を排除する
不必要な角質が生み出される一番の原因は、お肌の乾燥や、角質層にダメージが与えられてしまうためです。これらのものを防ぐため、以下のような点に注意することを意識しましょう。

洗顔やクレンジングの時にお肌をゴシゴシとこすってしまうことがないようする!
スクラブ洗顔料や洗顔ブラシなんかは利用しない!
クレンジングや洗顔の目安は短時間(それぞれ45秒程度)にする!
しっかり保湿する!

熱いお湯ではなくぬるま湯で洗顔する!
紫外線対策をしっかりしておく!
生活習慣を改めて室の良い睡眠とバランスのとれた食事を摂る!
角栓が除去しやすいようにお肌や毛穴をやわらかくしておく!
毛穴が固くなっていると、角栓が取れづらくなってしまいます。

いかがでしたか!?

普段何気なくやっている洗顔方法が間違っているかもしれませんよ!

以上のようなことを意識するだけでも鼻の黒ずみ・毛穴の黒ずみが簡単に解消できるようになりますのでしっかりとケアしていきましょう^^