花粉症の症状を和らげるには漢方薬がおすすめ!?(体験談)

花粉症

花粉症の症状に漢方薬がいいかも!?

花粉症はとても辛い症状だと感じます。
私の場合は、とくに鼻水と喉の痛みを感じることが多く、一見すると風邪に似た症状が続いてしまいます。
花粉症の症状が続くことで、普段の生活もとても乱れてしまいます。とくに仕事中と就寝前に大きなストレスを感じてしまい、仕事中には人と話をしているときに症状が現れることで、まともに人の話が聞けない程になってしまいます。社内の人との会話ならまだ良いのですが、営業先のお客様との話の場合は、とても失礼になってしまい、こうしたことが続いてしまうことで自分自身にもまた違うストレスを感じてしまいます。
そして、就寝前に喉の痛みなどが出てしまうと、なかなか眠りに付くことができません。やっと眠れたと感じても、鼻水や喉の痛みで数時間で目が覚めてしまうのです。
花粉症があることで、多くのストレスを感じてしまい、余計に花粉症が治りにくい状況になってしまっています。
こうした症状が続いていますので、花粉症の時期には極力時間を見つけて病院に通うようにしています。
病院で処方される薬は、個人的にはあまり飲みたいと感じません。確かに効果はあるのですが、根本的に花粉症を元から治しているという感じが全くないのです。
あくまでも一時的に花粉症の症状を抑えているだけという感じで、その時期は何とか乗り越えたとしても、また次の時期には同じように花粉症の症状に悩まれてしまうことの繰り返しになってしまいます。
出来る限り体の内側から完治しようとさまざまな努力もしました。長く続けているが漢方薬です。
副作用などもなく、体の元から完治させてくれることを期待して漢方薬を飲み続けています。
花粉症の症状はまだ続いていますが、長年気になっていた冷え性の症状が緩和されてきたように感じています。
花粉症はアレルギーであり、花粉症が引き金になって起こる症状はたくさんあります。私の場合は、花粉症の症状が出てくる前に体の痒みが出てきます。
体の痒みが強くなり、痒いという症状からストレスが溜まり、花粉症を発症し、さらに酷くなっていく状態を繰り返してしまいます。
漢方を飲み続けていき、この体の痒みの症状が少しではありますが緩和されてきているように感じます。
まだまだ完治と言えるレベルではありませんが、これからも漢方は続けていく決心をしています。今のところ漢方を飲むことに対する副作用などは全くありませんので、安心して続けていくことができています。