ハガキの値段いつから値上げ!?52円のハガキは交換できる?手数料は・・

ハガキ 値上げ

52円はがきの値段はいつから値上げするの!?

ハガキが52円から62円に値上がりしました。
1枚、10円だけど、何枚も必要になるとその分だけ費用がかかってしまいます。
確かに懸賞好きな人にとって、ハガキの値上げは死活問題です。

ちなみに2017年の6月からの改定というのですでに62円のハガキを購入している人も少なくないでしょう。

さらにお正月になると年賀状を出します。

当然、年賀ハガキも10円値上げすることになります。
と思っていたら、なんと2018年からも52円に差し置くんだそうです。

しかし、条件があります。

12月15日から翌年1月7日の間に出されたモノです。
さらに表面に「年賀」の文字を明瞭に朱記しているモノに限ります。

かなり、ややこしいことになります。
だけど、覚えておいた方が得することもあります。

といっても、次からは値上げとなります。

でも、料金改正についてはしっかり確認しておいた方がトラブル防止になります。
要するにうっかり忘れると料金不足になってしまうということです。

確かに郵便窓口で出す場合なら郵便局員さんに教えてもらうこともできます。

だけど、ポストに投函となるとそうはいかないということです。

52円のハガキは交換できるの!?手数料は?

ただ、値上げとなると今までの52円のハガキはどうなるのでしょう。

確かに52円ハガキを使うのなら足りない分の切手を貼ればいいだけです。

でも、いちいち足りない分の切手を貼るというのも面倒です。
いっそのこと、52円ハガキを62円ハガキに交換しておいた方が手っ取り早いです。
そこで交換した際の手数料はどうなるのでしょう。

郵便局では値上がり分の10円だけでなく手数料に5円かかります。
結局、ハガキの数量があるとなんだか勿体ないです。

なので、交換するより、10円切手を貼ったほうがお得です。

確かに量によっては面倒でも手数料のことを考えたらこちらの方が断然いいでしょう。

それに10円切手なら郵便局で販売しています。
しかも最近ではコンビニでも切手を販売しています。

コンビニで足りない分を貼って出せばいいというわけです。

とにかくなんで、ハガキが値上がりしたのでしょう。
その理由は郵便物の減少や人件費の上昇のせいです。
とにかく、郵便事情も悪化しているからでしょう。

ただ、値上げだとさらに売り上げが減るのではないかと思うかもしれません。
しかし、年賀状などのハガキを購入する人は少ないです。

なので、ハガキの売り上げが多少減少しても問題ないと思われます。

それにハガキが52円なったのは消費税が8パーセントになったからです。
その点で23年ぶりだといいます。

ちなみに消費税10パーセントになって値上がりする予定でした。
だけど、延期になってしまいました。

実は値上げという話は消費税10パーセントになったタイミングで行うつもりだったからです

元々、切手やハガキは消費税がついていません。

スポンサー





さて、話は変わります。

人件費が上がった理由の一つにダイレクトメールなどに使われる圧縮ハガキがあります。
実は圧縮ハガキは自動仕分け機に引っかかることが多く、そのために人の手を借りなくてはいけないからです。

ただ、ハガキの値上げで困る人もいます。
それは懸賞などでハガキを利用する人です。

まだ、52円のハガキが残っている場合は使用する際、不足分を支払うことです。
さらにコンビニなどで、10円切手を貼ってからポストに投函しましょう。

52円ハガキを62円ハガキに交換する際の手数料を考えたら、その方が経済的です。

最後にハガキがいきなり10円も値上がりとなると人にとっては大変な痛手をこうむります。
企業によっても痛手になるかもしれません。

しかし、値上げにはそれなりの理由があります。

だけど、52円ハガキが残っている場合、なるたけ早めに使いきるように努力しましょう。