結婚式のご祝儀 の相場 はいくらぐらい!?親族やいとこ、友達、上司はいくらぐらい?

結婚式 ご祝儀 相場

結婚式のご祝儀の相場はいくらぐらいがいいの!?

親しい人の結婚は本当におめでたいことです。
本人たちの将来にとってもうれしいことでも、どうしても気になってしまうのがご祝儀の金額です。

親族やいとこ、友達、上司といった間柄にもよって相場は変わってくるものなのでしょうか!?
大体、どの程度の金額を用意すればいいのでしょう。

結婚のご祝儀は相手との関係によって決まります。
それに年代によっても変化があるようです。

ただ、基本的に考えると招待客をもてなす料理や飲み物、引き出物に相手に対する気持ちから金額が決まると言います。
大体、3万円程度が妥当と考えられています。

しかし、年代に上がるとそれだけご祝儀代が上がっていくのが一般的な常識になっています。
これは多分、年代が上がるとその分、収入も上がっていくと考えられているからでしょう。
それに親しさが加わるとどうしても親しい相手ほどご祝儀が高くなっていくようです。

それにご祝儀をもらう方のことも考えておきましょう。
大体、ご祝儀をもらったら今度はお返しもしなくてはいけません。
お返しもある程度、お金をかけなくてはいけません。

ご祝儀が高額になればその分、お返しもかなり高額なものにしなくてはいけません。
なので、相場をよく確認して用意しておきましょう。

結局、ご祝儀の金額は明確なルールがありません。
だから、結婚式に招待されるたびに悩む人が出てきます。
それに包むタイミングもあります。

まずは具体例をよく確認してご祝儀の金額を決めるべきでしょう。

親しい人の結婚式だからといても20代では収入が安定しません。
さらに招待されているか否かでも違いがあります。

それに20代でも収入がない人もいます。
とにかく、状況に応じて用意しましょう。
そこで3万から5万が妥当だと思います。

ただ、学生時代からの付き合いの人の場合、2万でも大丈夫な金額です。

次は会社関係での結婚式です。

例えば、新郎新婦の上司なら3万から5万は包むべきでしょう。
同僚なら3万円程度です。
ただし、入社したばかりで上司の結婚式に行くのなら2万円で大丈夫です。

とにかく、迷う場合は同じように招待された社員と相談しておくべきでしょう。

ちなみに取引先の場合は基本的に3万円くらいでしょう。

もしも、兄弟や姉妹の場合は3万から5万程度です。

そして親族の場合はどうでしょう。
自分が20代や30代なら2万から5万くらい、40代過ぎていたら5万から10万です。
さらに式場のグレードが高かった場合もご祝儀は同様に高くなるかもしれません。

ただ、相手が式を挙げる前に自分が式を挙げて祝儀をもらっている場合はもらった時と同じ額を渡すべきです。
その方が円満になるでしょう。

ご祝儀の相場を知っておくのとは別に知っておいたいいことがあります。
ご祝儀にまつわる数字のことです。

数字は奇数であるほうがいいと言われています。

理由は偶数だと簡単に分けることができるからです。
結婚した相手に分かれるという意味の金額を贈るのはよくないと考えられるのでしょう。

ただし、2万円の場合はペアという意味があるのでOKなんだそうです。
結局、相手も自分も気にしなければ数字は気にしなくてもいいということです。

だけど、4は死を、8は末広がりでめでたい数字、9は苦に通じるとこだわる人はいるということです。

最後に結婚式のご祝儀は確かに幾ら包めばいいのか悩みます。
確かに知らないと恥をかいてしまうマナーなどがあります。
それに他の人とのバランスも大事です。
とにかく、気を使うべきことは沢山あります。

だけど、最終的には相手を思いやる気持ちが大切です。

つまり、気持ちがこもっていたら例え、少額でも十分だということです。
結局、自分に無理しない金額でメッセージなどを添えると相手に気持ちが伝わりやすいです。
それにあまり、細かいことは気にせず用意することが大切になってきます。