ふるさと納税 おすすめサイト(2018年版)

ふるさと納税サイト

ふるさと納税 おすすめサイト5選

ふるさと納税といっても返礼品を選ぶのに、今ではたくさんのふるさと納税サイトがあります。

お肉やお米・家電から野菜まで本当にいろいろな返礼品があります。

しかも税金が控除されるんですからやらない手はないですよね^^

そこで当サイトではふるさと納税のおすすめサイトをご紹介します!

そもそも、ふるさと納税とは一体、どんなモノか知っていますか。
実際、納税といっても寄付みたいなものです。
お金を寄付して地方の自治体を応援するというモノです。

だけど、ただの寄付ではないところがふるさと納税のいいところです。
何故なら、お得なオプションがついています。

地方の特産物がもらえることです。
しかも、税金が控除されるというのも特典の一つです。

ちなみにふるさと納税はふるさとを離れた人が自分の育った自治体に寄付してほしいというコンセプトでした。
だけど、現在、どこの自治体を選ぶかは自由になっています。
さらにネットでも簡単に申し込みできるようになりました。

しかも、ふるさと納税を取り扱っているサイトが増えています。
スポンサー




おすすめのふるさと納税サイト

さとふる納税サイト

そこで、さとふるというサイトから見てみましょう。

ちなみにソフトバンク系列の会社が運営しています。
なので、認知度ではナンバーワンと言えるでしょう。
特に画面が使いやすいと評判です。

スマートフォンでも簡単に手続きできます。
なので、手続きしている時のストレスを感じることがありません。

さらに「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」。
幅広く決済できる先を用意しているので助かります。
返礼品が早く届くのも選ばれる理由の一つでしょう。

ふるなび納税サイト

ふるなびは上場企業が運営している老舗サイトになります。
なんでも、電化製品が豊富に登録しています。

使い勝手がいいと現在、人気上昇中です。
ちなみに掲載サイトが100を超えました。
なので、認知度も利用者数も増えてきました。

そこで、ふるさと納税で有名店の味を味わうことができます。

それがふるなびグルメポイントです。
プロが調理してより良い状態の特産品。
実際、舌で味わう体験型ふるさと納税というわけです。

しかも、ポイントは即時発行できて翌日利用可能です。
おまけにポイントの有効期限はありません。

なのでお得にふるさと納税をしたい人に利用してほしいサイトです。

ちなみに自治体数が沢山多くて注目したのがふるさとチョイスです。
なんと、1,782もあります。

なので、いろんなパターンでふるさと納税を活用できます。

まずはお薦めのお礼の品をピックアップしてください。
さらに期間限定のモノもあります。

スポンサー




ふるさとチョイス納税サイト

ちなみにふるさとチョイスには公式レポーターもいます。
とにかく、まずは彼女が出ている動画で確認してください。
きっと、自分が欲しいモノが見つかるはずです。

自治体への応援メッセージも掲載してあります。
さらに日本地図でふるさと納税を検索することもできます。

楽天ふるさと納税サイト

実はふるさと納税は楽天でもやっています。
それが楽天ふるさと納税です。

楽天市場を利用するメリットはやっぱり、楽天ポイントがたまります。
実際、ふるさと納税だけでなくネットを利用している人には便利なサイトです。
さらにレビューも参考になります。

ちなみに楽天ふるさと納税に参加している自治体は40となっています。

便利なマイページを設置しているサイトは幾つか存在します。
実際、マイページがあると次から申し込むのがスムーズになります。

スポンサー




わが街ふるさと納税サイト

そこで見つけたのがわが街ふるさと納税です。

ちなみに先に紹介したサイトにもマイページがあります。

わが街ふるさと納税の特徴は自治体の多さです。
ふるさとチョイス同様、1,782です。
サイト画面も整理されて見やすくなっています。

月間ランキングも掲載しているのでどこの自治体が人気か一目で分かります。
それに、最近注目されている自治体がどこかも一目瞭然です。

まとめ

最後にふるさと納税はあくまでも地方の自治体への寄付です。
最初はふるさとを離れた人がふるさとに寄付するという試みでした。

だけど、最近ではどこの自治体にも自由に申し込みをできるようになりました。

ふるさと納税サイトを使えば、欲しいものが手に入れられて税金が控除できるのでぜひ使ってみてくださいね!