代謝を上げてお腹いっぱい食べても痩せるダイエット法 とは!?

ダイエット

お腹いっぱい食べても痩せるダイエット法

おなかいっぱい食べて代謝アップ。
やってきたのは那覇市にある、こくらクリニック。
こちらのクリニックにある生活習慣病外来では、おなかいっぱい食べて代謝を上げる
という方法で多くの患者さんたちに変化をもたらす。
その治療に成果を上げているといいます。

50代女性)
体重が落ちました。

30代男性)
1か月で5キロ

60台女性)
65でしたけども今58になってます。

60台男性)
血液の値も全て基準値に戻りました。

50代男性)
コレステロール降下剤も飲まなくなりましたし、あとは、血圧の薬をずっと、3年ほど
飲んでるんですけど、そろそろ止められるかなと、いうところまで来ています。
患者さんたちの信頼を、一身に受けているのが。
こちらのクリニックで院長を務める、渡辺信幸(わたなべ・のぶゆき)医師。

院長)
代謝は、食事をするだけで簡単に上げることができるんです。ディット(DIT)
言いますけどね。
食べるだけでエネルギーを使うんです。
DITとは、ダイエット・インデュースド・サーモジェネシスの略で直訳すると、
食事誘発性熱産生、という意味。
私たちが食事をすると、体内に取り込まれた食べ物は、胃や腸などの消化器官で細かく
分解されます。
実はこの時、消化器官が活発に動き、食べ物を消化すること自体で多くのエネルギーが
消費されるのです。
このエネルギー消費が、DITなのです。

ものを食べて汗をかくという、よくあるこの現象は、まさにDITによりエネルギーが消費
されている証拠なんです。
しかも、この時、ある方法で簡単にアップすることが出来るんだそうです。

院長)
一口30回噛むこと。
渡辺式代謝アップ法その1、一口につき30回噛む。

院長)
噛むことにより唾液が分泌されたり、その消化の後の胃液の分泌を促したりしますので、
噛むことも代謝が上がります。
唾液や胃液などの消化液を作るにも、エネルギーは消費されています。
たくさん噛むほどより多くの消化液が作られるので、DITが高まるのです。
そして他にもある効果が。

院長)
噛む回数が多いと満腹になるのが早いんです、食べ過ぎが気になる方は、別に食事を
わざと減らすことを考えるのではなくて、まずは噛むことから始めるんです。
30回噛んで食べる癖をつけると、無理なく食事の量は減っていきます。
たくさん噛むと、満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を感じるんだそうです。
続いて2つ目のポイントとは。

院長)
肉、たまご、チーズを中心にたっぷり食べてください。
その結果、自然に、炭水化物の量が減ります。
渡辺式、代謝アップ法その2
肉、たまご、チーズ中心の食事で炭水化物を控える。

院長)
食事の種類によって代謝の量が決まっているんです。
タンパク質は、実は食べたカロリーの30%は消費されてしまうわけですね。
ところが炭水化物になりますと、たったの6%、5倍の差があるんですよ。
タンパク質を食べると炭水化物の5倍もエネルギーを使うわけですね。
DITは食べた栄養素によって、消費するエネルギーが変わるんだそうです。
米やパンなどの炭水化物に含まれる糖質の場合、取ったカロリーのおよそ6%しか
DITでは消費されません。

一方、タンパク質の場合は、取ったカロリーのおよそ30%も消費されるのです。

しかも、肉、たまご、チーズは、タンパク質だけでなく筋肉を作るための
ミネラルや脂質も豊富なため、代謝を上げるにはもってこいの食材なのだそうです。
というわけで、渡辺式代謝アップ法のポイントは、この2つ。

今までに3000人近い人たちが、この方法で代謝を上げ、痩せることができたそうです。

院長)
高血圧、それから糖尿病、脂質異常、痛風、生活習慣病はもちろんのこと、
さまざまな疾患にも効果があります。
では、実際にどんな効果があったのか、
伊佐善俊(いさ・さとし)さん51才の場合。

伊佐さん)
最初の1週間、すぐ体重がみるみる落ちたんですよ、最初の1か月でちょうど10キロ。
こちらが97キロあった時の伊佐さんの姿、なんと10か月で、27キロの減量に成功したそうです。
さらに、長年悩んでいた腰やひざの痛みまで治ってしまったそうです。

伊佐さん)
365日、肉+チーズとたまご、これは必ず食べてます。
肉は少ない時で200、多い時は300から400、たまごは1日に5、6個。
では、この日の昼食を見せていただきましょう。
この日のメニューはラフテー、てびち、たまご、チーズ、アボカドのサラダ、
ゆでたまごのチーズ乗せ、枝豆、パイナップルという内容。

肉、たまご、チーズがたっぷり、炭水化物は極力減らしています。
そしてこの食事を、1口につき30回噛み時間をかけて食べるんだそうです。
しかし、一口30回噛むというのは結構大変ではないのでしょうか?

伊佐さん)
箸置いて30回噛む。
伊佐さんはこうして箸をおくことで30回噛めるようになったんだそうです。

伊佐さん)
箸持つとどうしても食べたくなりますからね。置く。
一口ごとに箸をおくと、次の食べ物を口に入れたい、という欲求が抑えられるように
なるんだそうです。

伊佐さん)
食事の時間が10分で済んでいたのが、50分になって1時間になって。
それが普通になりました。
うまく噛むことができれば、おなかがいっぱいになります。
最初、うそやろー、と思ったけど、自分で実証してしまった。
続いては、亀島恵美子(かめしま・えみこ)さん48歳の場合。

亀島さん)
代謝が上がって一番良かったことが、やはり体重が減ったことですよね、約9キロ。
7か月で落とすことが出来ましてそれからずっと維持ですね。
こちらが61キロあった時の亀島さんの姿、7か月で9キロの減量に成功したそうです。

亀島さん)
一番変化したのがウェストです。
体が引き締まり、ウエストはマイナス13センチ、そんな亀島さんの夕食を見てみましょう。

亀島さん)
これが今日の夕食です。


ステーキは300グラム、チーズオムレツはたまご2つを使っており、中にはチーズが
たっぷりと入っています。
これを一口につき、30回噛み、1時間以上かけて食べるといいます。

インタビュアー)
最初からできました?

亀島さん)
いや、できない、早食いなので、もともと。
しかし、ある方法で克服できたんだとか。

亀島さん)
ありがとう が5なので、5×6で30回。
あ・り・が・と・う って言いながら噛んでます。
亀島さんは心の中で、ありがとうを6回いうことで、一口につき30回噛めるようになったんだそうです。

亀島)
いっぱい食べてるんだけどドンドン減っていく。
本当にいいことずくめです。


続いては櫨原隆雄(はぜはら・たかお)さん65才の場合。

櫨原さん)
体重が、85、6キロあって、今74キロ
カレンダーの日付を数えながら、噛むことで、30回噛めるようになったんだそうです。
しかも、30回噛むことで痩せただけではなく、こんな効果まで。

櫨原さん)
ものすごいヘビースモーカーだったんです、タバコもやめました。
早食いしているときは、食事した後のタバコってのは最高でしたからね。
ゆっくり噛むことで満足してるから、タバコを欲しがらなくなったんでしょうね。
みなさん、代謝を上げることで体重が落ちるのはもちろん、さまざまな効果が表れていました。

院長)
痩せれるダイエットではいけないわけですね、代謝を上げるダイエットで肥満を解消すれば
病気になりにくい体になります。
代謝が上がれば健康的に痩せられる、みなさんもよーく噛んで健康的な体を手に入れましょう

元野球選手)
最後の不動産の方のおっしゃってることがよーくわかるんですよ。
僕が今やっていることが、ちょい残しに噛むことをプラスして、

柴田理恵)
私もだれかから、(箸を)置くといいよって言われたこともあるんですよ、聞いたこともあるけど。
ああやって、結果出てるのを見ると、やってみる価値あるなと思います。

女医)
はい、わたくし以前から、低炭水化物、高タンパク質と、痩せたい方はタンパク質を食べてくださいと
いう話をずっとしてきたんですけれども、あの、タンパク質って食べるとすごい代謝が上がるんですね、
タンパク質っていろんな消化酵素が必要で、すごくいろんな、消化に時間が掛かっていって、
しかもエネルギーが要るんですね。

さらに、お肉とか、たまご、チーズ、こういったものは筋肉を作る材料になるわけですね。

筋肉が作られるとさらに基礎代謝が上がりますから、ますます代謝がアップして、
ますます痩せると、好循環になってい行くんですね、さらに女性が(バスト)カップサイズが大体1サイズ、2サイズぐらい上がってくる、女性にとってもいいですね。

女性出演者)
上がるの?

草野仁)
ナゴミ先生?いかがですか

ナゴミ医師)
噛んでバストアップしたっていう女性とですね、それと噛んでる最中に胸がピクピクしている
男性がいましたけれども、あれはね、実は私たちの首から胸にかけての筋肉っていうのは、
何十種類とあるんですよ。
特に噛んでるとですね、広頸筋と言いまして首のところからずーっと胸の方に張ってる、
この筋肉がですね、一緒に緊張しますから、ぐっと、イーって噛むと、乳首がちょっと
上がりますよね?
で、力を抜いて、ね、実際にはバストアップするんですよほんとに。
男性だったら、胸の筋肉がピクピク。
ですんで、ほんとに美容のためにもいいなと思いましたね。

草野仁)
さあ、・・・・先生どうごらんになったでしょう?

男性医師)
私はこの、VTRの沖縄の先生の場合は、噛む方にメインがあると思います、
というのは30回噛むというのは、要は、長時間掛けるということですので、

例えばお弁当だったら、5分で食べられるものが懐石料理とかでゆっくり出てくると
1時間かかる、そうすると、同じ量でも早く満足しちゃう。
30回噛むことによって肉メインであっても、トータルの肉の量はおそらくは減ってると思う。
今日見ていたVTRの肉も、どっちかっていうと赤身の固そうな、お肉ですよね。
ですから、噛むこと、時間をかけることっていうのにポイントがあると。

柴田理恵)
野菜少なすぎません?野菜が。

女医)
そうですね、あの、野菜がちょっと少ないなと私も思ったんですけども、
アボカドとか枝豆を食べて、アボカドには結構食物繊維も多いので、
それで、なんとなく補っているんじゃないかなと思うんですね。
炭水化物をとりすぎると、これが肥満につながりますから、やはりお肉などの腹もちのいい、
タンパク質をいっぱいとると、肥満が解消できるっていうことなんですね。
普段の食事をタンパク質中心に変える。
これだけで代謝がアップする食事になるそうです。
ただし、栄養の偏り過ぎは禁物、野菜や炭水化物も程よく取り、
バランスの良い食事を心がけましょう。