乾燥肌 を改善するオススメのクリームはどれ!?

乾燥肌 改善 クリーム

乾燥肌 を改善するオススメのクリーム

乾燥するこの時期、一番懸念するのが乾燥肌体質の人です。
やっかいなのが、「かゆみ」です。

そこで、乾燥肌 を改善するオススメのクリームをご紹介します!
乾燥肌とは、皮膚を乾燥から守るための皮脂、角質、角質間細胞間脂質といった天然の保湿因子が、なんらかのトラブルで減り、乾燥してしまった状態をいいます。

かゆみが起こる原因は、皮下組織から表皮まで神経が進行するためです。
そこを掻くと炎症が起きるため、さらに症状が悪化し、かゆみが続きます。
スキンケア対策をするにあたり、大切になってくるのがこのかゆみ対策です。
では、かゆみを抑えるためにはどんなことをすれば、あなたの乾燥肌を改善する事が
できるのでしょうか。

乾燥したときにどのようなクリームを塗ればいいのかを検証します。
まずは、保湿クリームです。

名前のとおり、クリームを塗布して、皮膚からの水分を閉じ込め、蒸発してしまうのを防ぐのが目的です。イメージとしては水分が出ないように、バリア機能の役目を持たせて、皮膚を守ります。このクリーム選びでキーとなるのがセラミドです。浸透圧がよく、保湿も長時間長続きするので、このセラミドが配合されているか確認しましょう。ただし、このクリームは、結構ベトつくことがデメリットとして挙げられます。日中、汗をかく事が多ければ、気になることもしばしばです。

保湿ローションとは、水と、ポリアクリル酸ナトリウムという、水分を吸収する成分が含有されたものです。カサカサした肌に塗ることで、外界の水分を吸収し、肌を保湿するのが目的です。このローションは、化粧水なので、肌のべとつき度でいうと、一番、さらっとしているのが特徴です。

軟膏を塗ることもあります。
軟膏は、炎症自体を抑える成分が含有されています。べとつく感覚が一番高いのがこの軟膏ですが、軟膏はその分、皮膚に塗れば、取れ難いのが特徴です。
かゆみの根本となる炎症を抑えるためには、オロナイン軟膏のように、非ステロイド系のものから、リンデロンのように、ステロイド薬が含有されたものに分かれます。
ステロイドが慢性化すると体に良くないと考える人は、まずは、非ステロイド系を使う事がオススメです。

どうしても炎症がひどくなったら、ステロイド系の軟膏を塗るのは大切です。
以上のように、保湿といっても、皮膚の状態によって、クリームを使い分ける必要があります。また、季節に応じて塗るクリームを変えることも重要です。

痒みが著しくひどければ、炎症の伴うものなので、軟膏を優先しましょう。それ以外のかゆみであれば、ローションや保湿クリームで対処するのがいいでしょう。