アレルギー 性 鼻炎 の症状と治療方法について!薬or手術

アレルギー性鼻炎

アレルギー 性 鼻炎 の症状はどんなの!?治療方法は薬それともレーザー手術がいいの!?

アレルギー性鼻炎は免疫力のバランスが崩れることによって起こる症状なので、免疫力のバランスを整える治療が効果的です。また1年中通して症状が表れる通年アレルギー性鼻炎、季節によって症状が表れる花粉症などのアレルギー性鼻炎があります。治療はそれほど大変なものではないので比較的にアレルギー症状は良くなります。

鼻炎の症状には鼻水、鼻詰まり、くしゃみがあり、鼻の粘膜が炎症を起こしているので、鼻の粘膜の細胞を焼き切るというレーザー治療は効果的です。アレルギー性鼻炎の治療方法には手術療法、超音波によって鼻や喉に薬剤を噴射させるという「ネプライザー吸入治療」、鼻の粘膜に薬液を浸透させて治療する「ボトックス療法」などがあります。

自分自身でアレルギー鼻炎を治療することはできませんが、アレルギー性鼻炎の症状を緩和、防ぐことができます。現在よく問題にされているハウスダストを避けるために、部屋に空気清浄機を置いたり、こまめに部屋を掃除する、布団を日光干しするのも効果的です。

また花粉症など季節のアレルギー性鼻炎は、花粉症の季節には注意し、花粉症対策グッズ、喉スプレー、マスクなどで、その季節を乗り切るように心がけます。アレルギーに対する免疫力をたかめるために、毎日、バランスがとれた食事メニューを心掛けます。またリラックスできる時間を設け、日々のストレスを解消してストレスをためないように気をつけることが大切です。軽い運動、十分な睡眠も大切です。

アレルギー性鼻炎の手術に「レーザー治療があります。通年性、季節性のアレルギー性鼻炎治療に大変効果的です。手術といっても数十分で終わり、手術費用は保険がきくので、3割自己負担しても1万円以内で収まります。」「レーザー治療」は、鼻から侵入したアレルゲンが到達する鼻の中の粘膜をレーザー照射によって焼くという療法で、この治療の後鼻からアレルゲンが侵入して鼻の粘膜に到達してもアレルギー反応が起こらなくなります。

アレルギー性鼻炎の根治に効果が高いといわれる治療に「減感作療法」があります。これは、注射によって体内に少しづつアレルギー抗原を注入していく方法です。それによって極度のアレルギー反応を減らしていくという治療方法です。この治療は継続的に行う必要があります。

「下舌免疫療法」は舌にスギ花粉エキスの薬剤をたらし、鼻の粘膜にアレルギー反応に慣らしていくという治療方法です。鼻炎の手術は局所麻酔で日帰り手術が一般的です。またリラックス効果を兼ねたヨモギ蒸しエステサロンもあります。

アレルギー性鼻炎の治療にはいろいろあるので一度病院の先生に相談してみるといいかもしれません。

アレルギー性鼻炎の治療方法(体験談)

私は小学4年の頃からアレルギー性鼻炎(特に杉花粉)に悩まされてきました。
投薬治療や、発症前の冬場の数回に分けての注射、その時・その年には効果はあるのですが如何せん持続性が無く、薬が切れたり注射も翌年にはもはやなすすべなし。
どうにかならんのか、と思って幾年経ち、今私は33歳になりました。
たまにサボると鼻はグズってしまいますが、この数年間春先はなぜかあまり苦労しなくなりました。
今の予防策が余程合う薬、余程合うやり方なのでしょう。
参考になるかはわかりませんが、ひとつお試しの価値はあるかもしれない私なりの予防策をこの場を借りて紹介させていただきます。

まず、1つめ。
鼻炎用のスプレーで、「私ならこれだ!」というものに出会いました。
「ナゾネックス」という、主に処方でしかもらえない鼻用のスプレーです。
使用方法には書いてなかったのですが、私の場合は起床後すぐに左右一回ずつの噴射で効果がありました。
ただ、毎日続けないと効果は薄いですが・・・
そして錠剤は「クラリチン」「キプレス」という二つの錠剤。これも大体が処方で、ほとんど市販しておりません。
つまりは、面倒でも医者にしっかり診てもらい、この薬をもらいにいく、という確実性のある手間が必要なのかもしれませんね。

あとは食生活。
肉とかはあまり制限しなくてかまいませんが、1つやってほしいのは、「のむヨーグルトを朝晩コンスタントに飲むこと」。
乳製品アレルギーでなければ、かつてのむヨーグルトの鼻炎への効果はテレビでも大々的に取り上げられておりました。
カルシウムを意識して私も30歳くらいからはじめたんですが、この頃なんですよね。鼻炎が楽になったのは。
テレビの中でも医学系の番組は有益な情報が多いので、体質改善の為にも積極的に取り入れ実践してみましょう。

これも面倒くさい、かつ酒飲みな方々には、
ネットでも話題になった泡盛「請福 ファンシー」の服用をオススメします。
これ、お酒なのに効果覿面でした。
やはりこれも継続が大事。
食事療法の類いは、続けてナンボなのかもしれませんね。

と、以上が私がここ数年、
春先に花粉症の猛威に耐えうる体をそれなりに手に入れるために着手した対策を基にしたアドバイスとなります。
重ね重ねになりますが、アレルギーは体質が引き起こす疾患です。体質の改善は日々の努力、そして努力の継続を習慣付ける日常生活態度の見直し、それが何よりの改善策になるんじゃないかと私は思います。
この文を読んで下さった皆様の、爽やかな春をお祈りさせていただきます!