ネギ の再生 回数は何回までO.K!?ネギの根っこの栽培方法は?






ネギ の再生 回数

PR

ネギ の再生 回数とネギの栽培の仕方について

ネギといえば薬味では定番の植物です。
薬味なので、購入しても余ってしまうことが多いです。
しかも、ネギは根っこさえあれば何度でも再生します。

【ネギは根っこがあれば何度でも再生】

最近、スーパーでも根っこ付きのネギが売られています。

実はこの根っこがあるおかげでネギを再生できます。
しかも、プランターで簡単に栽培できます。

初めて、ネギの再生法をする場合なら、土に根っこを植えただけでも大丈夫です。
ちなみに3センチくらい残して植えましょう。
肥料を使わなくても3から4回位は楽勝です。

中には5回以上再生できた例もあります。

【だけど、病気には気をつけて】

植物にも病気というものが存在します。
病気になったネギを食べたらお腹を壊してしまいます。
ネギは栽培しやすい植物です。

その反面、病気も発生する可能性があります。
原因は過度の湿気やプランターの中の植えすぎです。
特にベトついていたり悪臭がする場合は病気にかかっています。
なるたけ、早く処分しましょう。

【スーパーの根っこ付きのネギを再利用】

スーパーで根っこ付きのネギを買えばそれだけ、節約できます。
そこで、根っこ付きのネギの再生法。

プランターや土に植えるのは面倒だなと思った人にとっておきの方法があります。
用意するモノは根っこから5cm程度残しカットしたネギにネギを入れる深めの入れ物、あと輪ゴムだけです。
入れ物はペットボトルの底を切ったものでも大丈夫です。

輪ゴムはネギが数本ずつの束にしバラバラにならないように束ねるために必要です。

次は根っこが浸かる程度に容器に水を入れるだけです。
後は日の当たる場所に擱いてくだけです。
つまり、ネギの水栽培です。

水は夏なら毎日、冬なら2、3日ごとにかえましょう。

これだけでもネギは伸びてきます。

大体、一週間程度で伸びてくるので薬味としては十分でしょう。
さらに綺麗な水があればネギは数回は生えてきます。

ただ、こまめに水を取り替えないと水自体、腐ってしまいます。
それではネギの水栽培にはなりません。
気をつけましょう。

それに水が濁ってきたり、腐敗臭がしてきたら即座に捨てることをおすすめします。

【何度も再生して大丈夫】

実はネギの回復能力はだんだん落ちていきます。
そもそも、切った部分から生えてきた部分を何度でも切り取るのだから当たり前の話です。
何もしないで、栽培しているネギではどうしても回復力が落ちていきます。

だけど、それを防ぐ方法があります。
つまり、適度な肥料をあげ続けることです。
肥料を与えていくとネギも回復していきます。

その結果、いつまでもネギを使い続けることができます。
しっかり栄養を与えているので当然、栄養価も落ちません。

ただし、栽培していると虫がついたり病気になることがあります。
手入れはこまめにしなくてはいけません。

それに病気になってしまうと対処法がなくなります。
病気になったものは処分しましょう。
水につけているのでなく、土に植えている場合は毎日の水やりを忘れないようにしましょう。

【再生ネギは薬味として活用】

ネギはいろんな料理に使うことができる万能野菜です。
例えば、うどんや蕎麦に冷ややっこ、パラりとかけるだけで料理に彩りを与えます。
しかも、ネギの再生は台所の片隅で簡単にできます。

台所で栽培すれば料理にすぐ使うことができます。
それに節約にもつながっていきます。

お勧めの栽培場所は風通しがよく、日光が入ってくる場所です。
日光の代わりに、LEDライトを当ててあげても大丈夫のようです。

それに日の当たる時間が長ければその分、成長も早いです。
夜は太陽の代わりのLEDライトをあてておくのもよさそうです。

だけど、室内で育てているからといって使う時にはきちんと水洗いをしておきましょう。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PR