七五三はいつやるの!?男の子・女の子

七五三

七五三はいつ何歳でやるの!?男の子と女の子の違いは!?

七五三は子供のお祝いごとになります。
とにかく、七五三の適齢期を向けた子を持つ親御さんがそわそわする時期が近づいています。

・七五三で何をするの

七五三は子供の成長を祝うモノです。
ちなみに男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳とそれぞれお祝いします。

元々は関東圏でのみで行われる地方風俗で、現在は全国に広がっています。
昔は子供の死亡率が高かったので、7歳になるまで子供の無事を祈る儀式が幾つがあったのでしょう。
公家や武家で行われていたものが、一般に広まっていったのでしょう。

といっても、現在では近所の神社などに行って参拝やご祈祷をします。
その後、写真撮影や食事などに行ったりします。

ただ、七五三のシーズンには写真館やフォトスタジオが混み合います。
なので、お宮参りの前に先に撮影を済ませる人もいます。

・七五三の歴史について

7歳の女の子、5歳の男の子、3歳の男女が11月15日にお宮参りをするのが七五三です。
七五三の由来は室町時代にさかのぼることができます。

昔は子供の死亡率が高いと先にも述べました。
なので、生まれて3年か4年に当時の戸籍に当たる人別帳や、氏子台帳に登録したわけです。

なので、七五三はこの死亡率の高い時期を乗り越えた子供のお祝いだということです。
もともとは、宮中や公家の儀式でした。

そして、江戸時代に定着したと言われています。

・七五三の意味を知る

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳とそれぞれお祝いします。

何故、こうなっているのかと言えば意味があります。
三歳は男女ともに髪を伸ばし始める年齢だからです。
ちなみに乳幼児は病気を予防するために常に髪を剃っていたからです。

その儀式が髪置と言います。

五歳になると男の子は袴を穿くようになります。

つまり、袴の儀ということになります。
なので、五歳は男の子となっているのでしょう。
七歳は女の子の着物帯の装い始めになります。

帯解の儀になります。
これを過ぎると少女は大人の女性と同じような装いになります。

つまり、年齢によって男女、どちらが行うか決まっているのはこのことが原因です。

11月15日が七五三の日になったのは

何故、11月15日に七五三が定着したのでしょう。
ちなみに二つの説があります。
なんでも、この日がこの日が二十八宿の鬼宿日に当たるという説です。

この日は婚礼を除いてどんな祝い事にも吉とされているからです。
実は旧暦の11月は、秋の実りを神に感謝する月でした。
その満月日の15日を子供のお祝い日にしたのでしょう。

他の説はなんと徳川綱吉の子、徳松君がこの日にお祝いしたというところから来ています。
とにかく、現在ではこの二つの説が主な理由となっています。

・地方によって七五三に違いがある

今では全国的に行われるようになった七五三です。
ちなみに大抵の場合、数えの年で七五三を行います。

なので、大抵の場合の子が小学校に上がる前に七五三を済ませてしまいます。
それでは地方によって七五三に違いがあるのでしょうか。

なのでざっと見てみました。

関東の場合、神社に行って参拝や祈祷をする家庭が多いです。
ただ、3歳のお祝いは女の子だけ行う地域が殆どだそうです。
謝礼を入れる祝儀袋にも関東と関西で違いがありのます。

関東は花結び(蝶結び)の水引、関西はあわじ結びの水引です。

関西ではただ、神社や寺に参拝するだけです。
そして、祈祷せずに千歳飴を買って帰るだけです。

スポンサー




・七五三は子供の成長を振り返ることのできる大切なイベント
地域や家庭によって習慣が違います。
なので、事前に調べておくと戸惑わなくて済みます。

さらに両親や親せきなどに聞いておくことも大切です。
七五三も基本的なことを覚えておきましょう。

・七五三の時の親の服装

七五三の時期になると沢山の子供が着飾って神社にやってきます。
勿論、参拝や祈祷を受けるのが目的です。

しかし、七五三二は決まった服装はありません。
子供のお祝いだからこそ、子供に晴れ着を着せる親が一般的になっているだけです。

だけど、子供の晴れの日だからこそ晴れ着を着るのは当然だと思います。
そこで親の方も子供に合わせて服装を考えるべきです。
といっても、あくまでも七五三の日は子供が主役です。

子供より目立つ格好は遠慮しましょう。

それにお祝いの日なので流石に喪服を連想するような服装でもいけません。

だけど、家族の服装のバランスが大切です。
要は、子供だけでなく親もきちんとした正装でいて欲しいということです。
さらにシックな色やシンプルのデザインを選ぶのが一番でしょう。

ただ、七五三だと何かお金がかかってしまうと感じる人も少なくないです。
そこは無理のない範囲で、家族で揃えられる服装を考えましょう。

・七五三が幾つから

ちなみに数えと満、どちらで行くべきでしょう。
大抵の場合、七五三は数え年です。
なので、小学校に上がる前に七五三を終えることが多いです。

といっても、地方によって数え年にこだわるところもあるようです。

最近は年齢にしばりがないので満でもやりやすいお子さんの年齢で行った方がいいかもしれません。